Animation Node でボーンを処理する(2016/4月)

カテゴリ:blender

いまのところボーンにアクセスする専用のノードはない. しかしアーマチュアの Attribute Output からボーンにアクセスできる.

demo

Attribute はプロパティを右クリックして"データパスをコピー"で取得できる. ポーズボーンはポーズモードでしか動かないことに注意.

copy data path
データパスのコピー

ボーンをループで処理する

専用のノードがないのでボーン数でループを回し, Get List Element でひとつずつ要素を処理していく.

ボーン数の取得

ボーンのリストは bpy.data.objects["Armature名"].pose.bones を Expression に入れて取得する.

リストの長さは Get List Length が使える.

ボーンに値を設定する

Get List Element で取り出したボーンに Expression で値を設定する.

ノードの全体像

demo
動作デモ
ノード

なぜ同じ Expression をふたつ用意するか?

エラーがでるから.原因はよくわからない.

エラーの出たノード

関連記事
Blender 記事の目次