Blender のコンポジットを使ってリライティングする

カテゴリ:blender

このテクニックは再レンダリングするほどでもないが,少しだけライティングを修正したいときに使える. ただし影がでないうえ,光が当たらない部分も照らされる欠点がある. 後者の欠点は AO と乗算することで,ある程度は軽減できる.

以下の画像は黄色のドーナツ型のポリゴンを緑色でリライティングしたものだ. 実際のライティングでは,真上から照らされた緑の光は中央の空洞に当たらない. しかしコンポジットのリライティングは法線ベクトル情報だけを使用してライティングするため, 本来光の当たらない部分もライティングされている.

AO なしのリライティング
AO なし
AO ありのリライティング
AO あり
AO なしのノード
AO を使用しない場合のノード設定
AO ありのノード
AO を使用した場合のノード設定