Pitchipoy の Paw(前足)tentacle(しっぽ)のつくり方

カテゴリ:blender

この記事は Blender v2.78 を対象にしている.

動作デモ
前足の動作デモ
デモ
しっぽの動作デモ

Paw 前足

Paw には最低 4 本のボーンが必要だ. Pitchipoy を作成し,エディットモードですべてのボーンを削除した後で, 以下のようにボーンを作成する. ポーズモードで前足の親ボーンに Rig type:: pitchipoy.limbs.super_fromt_paw か pitchipoy.limbs.super_rear_paw を指定する.

ボーンの配置と設定
ボーンの配置と設定

Rotation Axis を X にしたならば,関節の回転軸を X に統一しておく必要がある. 詳細は ボーンのローカル座標軸設定 を参照.

ボーンのローカル座標軸
ボーンのローカル座標軸

あとは Generate を押せばリグが生成される.

生成されたリグ
生成されたリグ

tentacle(しっぽ)

しっぽも4本のボーンでできる. ポーズモードで親ボーンの Rig type:: に pitchipoy.simple_tentacle を指定する. Generate を押してリグを生成する.

このときボーンがまっすぐだとリグが生成できないことがある. IK ボーンを作るときのように,ボーンを少し曲げておく.

bend bone
中間のボーンを少し持ち上げている
tentacle-v278
しっぽのボーン構造

関連記事

Paw にバグがあった v2.75 の記事

Blender 記事の目次