Animation Node でタイムラインを正規化する

カテゴリ:blender

なぜタイムラインを正規化するのか

素のデータを入力できるから. タイムラインが正規化されていれば,位置AからBへ移動するとき, 位置AとBをタイムラインで線形補間するだけでアニメーションさせられる. 位置を変更するのも簡単だ.タイムライン正規化の計算式は

(現在フレーム - 開始フレーム) / (終了フレーム - 開始フレーム).

自動的に変換する方法

この方法ではタイムラインの開始/終了フレームを変更するとそれに応じて自動的に正規化される. アニメーションの一部だけを再生できない,という欠点がある.

auto
自動的に正規化

開始フレームと終了フレームが表示されていない時は, プロパティパネル(N) のアウトプットの部分を確認する.

Map Range は Add > Number > Map Range にある.

location

開始/終了フレームを直打ちする方法

開始/終了フレーム数を直打ちする手間はあるが, タイムラインの開始/終了フレームを変更してもアニメーションは変更されない.

manual
開始/終了フレームを指定する方法

任意の秒を正規化する

時間をフレームレートでフレームに変換し Map Range で正規化する.

アニメーション開始後 2 秒経ってから,4 秒間のアニメーションを正規化する

時間の正規化

関連記事
Blender 記事の目次