JVC GZ-V675 レビュー

カテゴリ:カメラ

解放F値 1.2 と 1/2.3 型のセンサーということで画質に期待して買ったが, 期待したほどではなかった. 明るい場所でも一眼の動画に見劣りするし,暗所ではノイズで細部がつぶれほとんど認識できない.

操作性

マニュアル操作

ハードウェアボタンは静止画撮影,録画開始,ズームしかない. マニュアルで値を変更するためにはタッチパネルを使うことになる. 加えて録画画面からマニュアルでシャッタースピードや絞りを変更できない. そうするにはメニューを開きマニュアルシャッターや絞りを設定することでそれらの値を変更できる.

シャッター,絞り,露出補正のうちの最大ふたつをきめられる. つまりマニュアルで露出をきめられない. 操作性にも書いたように値の変更が面倒なので操作したくない.

設定を変更するといちいち撮影画面へもどる. シャッターと絞りとを変更しようとすると 8 回ほど画面遷移が起こることになる.

起動

起動時に前に使っていたズーム位置を保存する機能がない.

電源On(モニターを開く)から録画できるようになるまで 5~6 秒ぐらい.

タッチパネル

静電容量方式ではないので少し押し込む必要がある. タッチパネルの感度は問題を感じなかった.タッチの位置のずれは設定で補正できる.

画面の表示

感度が表示されない.マニュアルにすると絞りやシャッタースピードは表示される; つまりオートのままだと表示されない. 高感度が弱いのにそれが表示されないのは問題で, シャッターや絞りを妥協して画質を優先するという判断ができない.

AF

暗所ではまったく AF が効かない. 薄暗い場所でも厳しい. 明るい場所での AF 速度は普通だ.

マナーモード

PC に接続してデータを取り出すときにタッチ操作が必要で,そのとき音が鳴る. これはマナーモードであっても鳴る. 音が鳴ってほしくないならば SD カードにデータを保存して, リーダーで読み込むしかない.

ストラップ

ストラップは外せない.