ビデオカメラのスペックの見方

カテゴリ:カメラ

センサーサイズ

1/5.8 インチセンサーの機種に画質を求めるべきではない. 重要なのはセンサーサイズではなく画素ピッチだが, 1/5.8 インチセンサーは大抵画素ピッチも狭い.

小型センサーの利点

  • レンズを小さくできコストダウンになる
  • ズーム倍率を大きくできる

小型センサーの欠点(画素ピッチが狭い場合)

  • 白とび/黒潰れしやすい
  • 暗い場所でのノイズが多い
  • レンズの解像力を超えた画素ピッチであることがほとんどで解像感は期待できない (なのでアンシャープ等の画像処理で解像感を作る)

画素ピッチ比較

対角線サイズ[inch] 縦横サイズ[mm] 面積[mm2] 画素数(一例) 画素ピッチ[mm]
1/5.8 2.48 X 1.86 4.61 920万画素 0.0007
1/2.3 6.2 X 4.3 26.66 1200万画素 0.0015
1 13.2 X 8.8 116.16 1300万画素 0.003

画素ピッチは √(面積 / 画素数) で計算できる.

一眼カメラでは 1/2.3 インチのセンサーサイズはコンデジサイズで, 画質を求めるなら最低 1 インチ以上必要と言われている.

ズーム倍率

ズーム倍率に意味はない.重要なのは 35mm 換算での数値だ. 35mm 換算での数値が大きいほど大きく写り,小さいほど広く写る.

ズームの画質

光学ズームは大抵,望遠に行くほど解像力は落ちる. 電子ズームはソフトウェアで拡大しているだけなので,画質の劣化は顕著だ.

F 値

数値が小さいほど明るく,暗い場所でも少ないノイズで撮影できる.

手ぶれ補正

レンズやセンサーを動かして補正するものと, ソフトウェアで補正するものとがある. レンズやセンサーを動かした方が補正の効果は高い.

マニュアル操作

安い機種はマニュアル操作ができないものが多い. シャッター優先露出オートや絞り(アイリス)優先露出オートをマニュアルと称している機種もある. これがカタログスペックに記載されていることはまれなので,購入する前に取扱説明書を読む必要がある. マニュアルフォーカス用のダイアル(リング)があるかどうかも確認した方がいいかもしれない.

内蔵メモリ

SD カードで容量を拡張できるので普通は問題にならない. 4K の場合はデータ量が大きく内蔵メモリだけではまず足らない. さらに 4K に対応した SD カードは高価であることに注意する必要がある.

重さとサイズ

意外と見落としがちだが重さとサイズとは重要だ. 持ちだすのが面倒になるサイズだと撮影する気がなくなる. 高画質なカメラも撮影に使わなければ意味がない.