広告
広告

Windows で G'MIC の Colorize[interactive]を使う

カテゴリ:その他

私の環境 Windows 10(バージョン 1703・OSビルド 15063.540 )ではスタンドアロンの G'MIC は動かなかった. Krita のプラグインも動かない. 唯一動いたのは GIMP2 のプラグインなのでその方法を解説する.

インストーラーを実行しただけではインストールされない. インストールフォルダのパスを通す必要がある. Gimp のプラグインディレクトリにファイルをすべてコピーしても動くが, DLL の競合が起こり jpg などのファイルが開けなくなる. これは jpg や png ファイルを GIMP が扱える形式に変換するプログラムがプラグインディレクトリにあり, そのプラグインが使う DLL 名が G'MIC の使う DLL と一致していることが原因だ.

これを回避するにはプラグインディレクトリを追加するのが一番簡単だ. プラグインディレクトリは編集 > 設定で設定ウインドウを開き, フォルダ > プラグインでプラグインディレクトリを追加できる.

dir
追加するプラグインディレクトリ

Colorize[interactive] の使い方は 【翻訳】線画の塗りが劇的に簡単に!?Gmicを使った線画色塗り自動化チュートリアル を参照.

Colorize[interactive] は以下のような場合は効果的だ. しかしそうでない場合は,工夫して塗りつぶした方が速い.

  • 線画が複雑
  • 線画にハッチングが入っている
  • 線画が閉じていない場所が多い

広告
広告