チロシン(now 社の L-Tyrosine)の効果

カテゴリ:その他

一般的な副作用

副作用は全くでない人と,副作用しかでない人がいる. 私はいまのところ副作用はない. 典型的な副作用は吐き気,倦怠感,睡眠障害(眠気と覚醒),疲労,胸焼け,関節痛など.

効用

はっきりとわかるような覚醒効果はない. Wikipedia の チロシン には気分に与える影響はほとんどないとあるが, ストレス耐性が上がったり,仕事に集中できる時間が増えたりしたため気分もよくなる (つまりチロシン自体には気分高揚効果はない). ポジティブな状態にするのではなくネガティブな状態になりにくくなる, というのが服用しての感想だ.

耐性

耐性も人によっては出る. 私自身も1本使い切らないうちに耐性ができ, 1日3g 服用しても効果が認識できなくなった.

PSYCHONAUTWIKI によると "耐性は 7 日で半減し 14 日でベースラインに戻る" と書かれているが出典が不明だ.

効果継続時間

Wikipedia によると『チロシンは、大量に飲用した場合は約2時間後に血中チロシン濃度のピークに達し7時間持続する。』.

鬱に効く?

鬱に効くというレビューが散見されるが,そのような実証研究はいまのところ(2016年6月現在)ない. ほとんどは ADD や ADHD を対象としたものだ. 詳しくは 「健康食品」の素材情報データベース を参照(すべての情報を表示をクリックする).

ラベルとカプセルサイズ

正面ラベル
サプリ情報

そのほかの材料:ゼラチン(カプセル),ステアリン酸マグネシウム(植物原料), ステアリン酸(植物原料).

以下のアレルギーを引き起こす可能性のある材料を加工した工場で生産されています. 小麦,グルテン(麩質),豆,牛乳,卵,魚,甲殻類,ナット(木に成るタイプ).

自然変色を起こすことがあります.

開封後は乾燥した風通しのよい場所で保管してください.


服用法と解説

1日1~3カプセルを食間に服用する. 英語の Wikipedia の Tyrosine によると,体重1kg あたり 25mg が1日の推奨摂取量で,体重が 60kg なら 1500mg が1日の推奨摂取量になる. ただしソースがHealthAliciousNess.comで, このブログが信用できるかどうかは知らない.

チロシンは,必須アミノ酸の一種(Wikipediaによると必須アミノ酸ではない)で, 神経伝達物質(ドパミン,アドレナリン,ノルアドレナリン)やメラニンの生成に必要とされる. ノルアドレナリンとアドレナリンとはドパミンとともにストレスに対する体の反応に作用し, ポジティブなムードと精神的敏しょう性とを補助する助けとなる. 加えて,チロシンは甲状腺の正常な機能のために特に重要である.

上記の説明はアメリカ食品医薬品局の審査を受けていません. この製品は病気の診断,治療,完治を目的としていません.

注意:成人用.薬を服用中あるいは通院中の方,妊娠中の方は,医師に相談してください. 甲状腺疾患,黒色腫,MAOI(モノアミン酸化酵素阻害薬)を服用中, 気分を向上させる薬を服用中の方は服用する前に医師に相談してください. 子供の手の届かないところに保管してください.


カプセルサイズ