Direct3D のリソースビューとは何か

カテゴリ:programming

リソースビューは大雑把にいえば C 言語における型である.

Direct3D 11においてリソースとは Direct3D パイプラインからアクセスできるメモリ領域だ. リソース(主にテクスチャ)は複数のパイプラインステージで共有できるよう汎用メモリフォーマットとして作成できる. これは型なしではない.フォーマットのコンポーネント数とビット数はビューを使っても変更できない. たとえば DXGI_FORMAT_R8G8B8A8_TYPELESS は同じメモリサイズにもかかわらずビューを使っても DXGI_FORMAT_R32_FLOAT として解釈できない.

可能な例としては DXGI_FOMAT_R32G32B32A32_TYPELESS として作成したリソースを DXGI_FOMAT_R32G32B32A32_FLOAT や DXGI_FOMAT_R32G32B32A32_UINT として 解釈できる.これらはパイプラインの別々の場所から同時にアクセスできる.

関連サイト
Introduction to a Resource in Direct3D 11