広告
広告

リグを組む前に確認すること

カテゴリ:blender

リグを組む前にすること

リグを組む前に、リグを組むモデルの使用用途を確認する必要がある。たいていの場合、背景モブに指の IK やフェイシャルリグは不要だ。下半身がレンダリングされないキャラの下半身のリグも作る必要はない。不要なリグは学習に時間がかかり、プレビュー速度とレンダリング速度を低下させる。

リグを組む前に、リグを組むモデルについて以下の項目を確認したほうがいいだろう。

  1. そのモデルがとる、極端なポーズ
  2. レンダリングされるサイズ
  3. 変形する部分や関節のポリゴンフロー

リグの利害関係者

「操作するアニメーターのことを考えてリグを組め」とよく言われる。しかしアニメーターだけではなく、リグのメンテンナンスをするほかのリガーもリグの利害関係者であることはよく忘れられる。リグにもバグはある。機能の追加が必要になるかもしれない。メンテナンスのしにくいリグは仕様変更に弱く、作り直しが発生することもある。

リグを組む際の Tips

実際にリグを組む際の注意点はBlender のリグ/アニメーション Tipsを参照。Blender に固有の知識もあるが、ほとんどはほかのツールでも適用できる。

関連記事

高機能リグの罠とシンプルリグのすすめ

Advice from a Pro Rigger – 9 Things You Must Keep in Mind when Rigging a Character

Blender 記事の目次


広告
広告