広告
広告

Rigify(2.79)を Unity(2018.1.0b4)へインポートする

カテゴリ:blender

この記事では Rigify の使い方は解説しない。Rigify の使い方はBlender Rigifyの使い方(バージョン 2.79)を参照。

リグが不要な場合

Blender でアニメーションを作成しないならば、Rigify はオーバースペックだ。ボーンだけが欲しい場合はBlender から Unity の Humanoid 互換で fbx をエクスポートするを参照。リンク先の記事ではボーンも配布している。

古いバージョン

2.78 以前の Rigify を使う場合はRigify を Unity へインポートするを参照。

リグ生成前の設定

単位の設定

単位をメートルにする。

set to meter
単位をメートルにする

顔の削除

エディットモードで顔と耳のボーンを削除する。

ポーズモードで face ボーンを選択し、faces.super_face を削除する。face は spine.006 の下にあり選択しづらい。

remove face
顔の削除

腕や脚の分割数の設定

デフォルトでは腕や脚の分割数が2になっている。これを1にする。ポーズモードで上腕や太もものボーンを選択すると設定できる。

seg
分割数の設定

リグ生成後の設定

不要なデフォームボーンの無効化

デフォームボーンはレイヤー 30 にある。

deform bones layer
デフォームボーンのレイヤー

胸のボーンはあっても問題にならないが、余計なボーンが8本程度エクスポートされる。胸の揺れをボーンで制御したいならば自作した方がいい。DEF-breast.LR のデフォームを無効にする。

disable breast bones
胸のボーンの無効化

DEF-palm.01.LR・DEF-palm.02.LR・DEF-palm.03.LR・DEF-palm.04.LR のデフォームを無効にする。

disable finger bones
無効にする4本の指のボーン

恥骨

DEF-pelvis.LR を無効にする。

disable pelvis
恥骨を無効にする

親子付けの設定

デフォルトの状態では管理の容易さのためにデフォームボーンがつながっていない。なのでそのままエクスポートすると余計なボーンが大量にエクスポートされる。デフォームボーンだけでボーン階層が完結するように親子構造を組みなおす。

親子付けはエディットモードで行う

肩・腕のボーン

DEF-upper_arm.LR を DEF-shoulder.LR を親として親子付けする。DEF-shoulder.LR を DEF-spine.003 を親として親子付けする。

arm parenting
肩と腕の親子付け

脚のボーン

DEF-thigh.LR を DEF-spine を親として親子付けする。

thigh parenting
脚と股間の親子付け

指のボーン

無効にしたすぐ下のボーンを DEF-hand.LR を親として親子付けする。

finger parenting
指の親子付け(親指は何もしない)

WGT を削除する

Rigify はリグのコントローラー識別のためのメッシュを作成するが、それを削除しない。デフォルトではそれらもエクスポートされるためそれらを削除する。これらを削除してもリグのコントローラーが見えなくなったりはしない。

オブジェクトモードでレイヤー 20 を表示し、選択 > パターン選択... を選択する。 WGT*と入力し、選択されたメッシュを削除する。

WGT*のあるレイヤー 20 を表示
select wgt-*
名前に WGT がつくオブジェクトをすべて選択

metarig を削除

metarig はもう不要なので削除する。

ウェイト付け・アニメーション作成に関する Tips

これでウェイト付けとアニメーション作成とができるようになる。

Unity のデフォルトのフレームレートが 60fps なので、アニメーションのフレームレートを 60fps にする。

set 60fps
フレームレートを 60fps にする

Blender のアニメーションのスタートフレームが1であることに注意する。

エクスポート時の設定

メッシュにトランスフォームを適用する

これをしないと Unity 上でメッシュが正しく表示されないことがある。 オブジェクト > 適用 > 回転と拡縮にある。

apply transform
apply transform

FBX のエクスポート設定

設定例

Unity での設定

Unity の自動設定は失敗する。なので手動でボーンをマッピングする。

mapping body
身体のマッピング
mapping head
頭のマッピング

T ポーズでないエラーが出るので Enforce T-Pose を実行する。

enforce t-pose
Enforce T-Pose

関連記事

Blender 記事の目次


広告
広告