広告
広告

Ubuntu on WSL に Keras をインストールする

カテゴリ:programming

バックエンドは tensorflow を使う。

2018 年 6 月現在の tensorflow の最新版は 1.8.0 だ。しかしこのバージョンはインポートした時点で Illegal instruction エラーが出る(Illegal instruction (core dumped) after running import tensorflow)。なのでエラーの出ない 1.5.0 をインストールする。

Python3 のインストール

$ sudo apt install python3

pip のインストール

$ sudo apt install python3-pip

pip のアップデート

$ sudo pip3 install --upgrade pip

tensorflow 1.5.0 のインストール

GPU を使うバージョンは tensorflow-gpu だが、WSL からは使用できない。

$ sudo pip3 install tensorflow==1.5

keras のインストール

$ sudo pip3 install keras

環境の確認

pip からインストールされたライブラリは pip list で表示できる。

$ pip list

python からは以下のスクリプトを実行することで確認できる。

$ python3 -c 'import tensorflow as tf; print(tf.__version__)'

$ python3 -c 'import keras as K; print(K.__version__)'

tensorflow

以下のスクリプトで tensorflow の動作確認ができる。

$ python3

>>>import tensorflow as tf

>>>str = tf.constant('Hello tensorflow')

>>>sess = tf.Session()

>>>print(sess.run(str))

b'Hello tensorflow'

そのほか

pip からインストールしたライブラリのアンインストール

$ sudo pip3 uninstall tensorflow

PIL(Pillow) のインストール

$ sudo pip3 install Pillow

TypeError: 'NoneType' object is not callable

keras 使用時に tensorflow が上記のエラーを出すときは、スクリプトの最後で以下のコードを実行する。

from keras import backend as K
K.clear_session()

ImageMagick で画像のスケール

縦横比が一致しない部分は黒で塗りつぶす。

$ convert [元画像] -thumbnail 224x224 -background black -extent 224x224 [出力画像]

外部リンク

Using CNTK with Keras (Beta)

ImportError: No module named 'cntk._cntk_py'


広告
広告