広告
広告

AUTOMATIC1111 の便利な機能

カテゴリ:deeplearning

目次

AUTOMATIC1111のアップデート

git の操作

アップスケーラー

Highres. fix(高解像度時に人が融合しなくなる)

Stable Diffusion Upscale(img2img を使ったアップスケーラー)

Seed resize(解像度を変更しても大体同じ出力)

アウトペインティング(作成した画像に追記して拡大)

インペイント

img2img のステップ数を直接指定

Inpaint at full rsolution(マスクした部分を拡大してから再生成して合成)

Batch processing(フォルダ内の画像すべてに img2img を実行)

Face Restration(顔を修復する機能)

Loopback(img2img の結果に img2img を実行する)

--gradio-img2img-tool(簡易ペイントツール追加)

色の補正

プロンプト

ネガティブプロンプト(出てほしくない絵を指定)

Attention/emphasis(語の強調)

Styles(プロンプトを保存)

CLIP interrogator(画像のプロンプトを推測)

Prompt Editing(画像生成の途中でプロンプトを変更)

Alternate Prompt(1ステップごとに語を切り替え)

AND

Deepdanbooru(画像の Danbooru タグを表示する)

Dynamic prompt(ランダムプロンプト)

ファインチューン

Embedding (.pt や .bin ファイル)を使う

CLIP Aesthetic を使う

Hypernetwork を使う

VAE を使う

操作

Generate ボタンを右クリック > Generate forever で止めるまで生成。止めるときは右クリック > cancel

Ctrl + Enter で Generate

Ctrl + Z プロンプトを元に戻す

スライダーをクリックした後十字キーで1ずつ増減できる

検証

X/Y plot(パラメーターの検証に使う)

Prompt matrix

UI

日本語化

ダーク UI

Quicksettings(UI 上部に設定を表示)

ui-config.json(初期設定変更)

そのほか

Extensions(追加機能)

xformers(高速化)

Stable Diffusion 2.0

使用する GPU の選択

Variations(ちょっと違う絵を再生成)

Checkpoint Merger(ckpt ファイルのブレンド)

user.css(UI のレイアウト変更)

4GB の VRAM で実行

画像ファイルへのデータ埋め込み

ローカルネットワーク(スマホ)から UI にアクセス

通知音を鳴らす

Extension など

Booru tag autocompletion for A1111(タグ補完)

extensionEditor(AUTOMATIC1111向けのプロンプトエディター)

Dataset Tag Editor(タグで画像を編集したり、タグを編集するエディタ)

Helper GUI for manual tagging/cropping(画像のタグ管理エディタ)

embedding editor(768 個ある潜在表現ベクトルを手動で調整)

multi-subject-render(背景とオブジェクトとを雑コラしてくれる)

AUTOMATIC1111のアップデート

以下のどちらかでアップデートできる。

  1. 端末(コマンドプロンプトや Powershell)から git pull
  2. zip をダウンロードしてきてファイルの置き換え

AUTOMATIC1111 はアップデートで環境がよく壊れるので、最新版と安定版でフォルダを分けるといい。git でタグを使うと管理が容易になる

git の操作

リポジトリの取得

git clone https://github.com/AUTOMATIC1111/stable-diffusion-webui

最新版にアップデート

stable-diffusion-webui のディレクトリで git pull

You are not currently on a branch. がでるときは、git checkout master を実行。

更新履歴の閲覧

半角の q で終了。commit の後ろの数字が SHA。

git log

--grep でログを検索できる。

git log --grep "検索したい文章"

git pull で環境が壊れた時

git clone したあと git checkout [戻りたい地点の SHA] を実行する。SHA はここで取得できる。

clone sha
SHA の取得

強制的に戻すには git reset --hard [SHA]。

git のタグ

タグをつける

git tag "タグ名" で今のコミットにタグをつける。タグ名は半角英数を推奨する。

タグのバージョンに移動

git checkout "タグ"

タグの一覧を表示

git tag

タグの削除

git tag -d "タグ"

コミットはせずに変更を退避したいとき

ソースや設定ファイルを変更して git pull が失敗するときは一度変更を退避する。

変更を退避する

git stash -u

退避した作業の一覧を見る

git stash list

退避した作業を戻す

git stash apply stash@{0}

退避した作業を消す

git stash drop stash@{0}

アップスケーラー

Highres. fix

高解像度の画像を生成すると、人物が複数出現したり、人物が融合したりする。Highres. fix はその問題の対策になる。Highres. fix は以下のような手順で画像を生成する。

  1. 低い解像度で初期ノイズ画像を生成
  2. そのノイズ画像を拡大
  3. 拡大したノイズ画像を元に拡散過程を実行して絵を描く

Upscale latent space image when doing hires. fix

Upscale latent space image when doing hires. fix が有効な場合は潜在空間でアップスケールする。無効な場合は一度初期ノイズ画像を生成してから、その生成したノイズ画像をアップスケールする。そしてアップスケールしたノイズ画像を潜在空間に戻して絵を描く。

なので Upscale latent space image when doing hires. fix を有効にした方が少し早くなる。場所は Settings タブ。

外部リンク

added highres fix feature

Stable Diffusion Upscale

Stable Diffusion Upscale は以下の工程で画像を拡大する。

  1. 画像を RealESRGAN/ESRGAN で拡大
  2. 拡大した画像を分割
  3. 分割したそれぞれの画像に対し img2img を実行
  4. 結果を結合

Tile overlap

スケール後の画像が 1024px * 1024px でタイルサイズが 512px * 512px の場合9回 img2img が実行される。なぜなら、分割境界を自然にするための余白が必要になるからだ。タイルサイズが 640px * 640px なら img2img の実行は4回ですむ

Tile overlap で余白のサイズを設定できる。大きくすれば継ぎ目は自然になるが、大きすぎると余計に img2img を実行するので遅くなる。

img2img の実行が4回ですむ width と height の計算方法は単に Tile overlap を2倍して足すだけだ。元の画像サイズが width 512px, height 768px で Tile overlap が 64px のとき各値は以下のようになる。

512 + (64 * 2) = 640px(width)

768 + (64 * 2) = 896px(height)

推奨設定

  • サンプラー:Euler a
  • Denoising strength 0.2~0.4

Seed resize

シードの画風を維持したまま、解像度を変更する機能。通常はシードやプロンプトを固定しても、出力解像度を変更すると画像が大きく変化してしまう。

この設定の場所は Extra。

アウトペインティング

アウトペインティングはアップスケーラーとは違い、作成した画像に追記して拡張する。

アウトペインティングをする場合はステップ数を大きく(50~100)した方がいい。そして denoising と CFG スケールとを最大にする。

インペイント

img2img のステップ数を直接指定

img2img のステップ回数は「Denoising strength * ステップ数」回程度しか実行されない。なのでDenoising strength を 0.1 のような低い値にするとステップ数を上げないと画質が下がる。

Settings タブのStable Diffusion の With img2img, do exactly the amount of steps the slider specifies にチェックを入れると指定したステップ回数実行されるようになる。

Inpaint at full resolution

マスクした部分をターゲット解像度に拡大してから再生成して合成する機能。

Mask blur

マスクの境界をぼかす機能。継ぎ目が気になるときに数値を上げる。

Batch processing

フォルダに入れた画像すべてに img2img を実行する機能。Script で Batch processing を選ぶと使える。

Face Restoration

顔を修復する機能。実写向け。

Loopback(img2img の結果に img2img を実行する)

Loopback は img2img の結果を img2img に入力することを繰り返す機能だ。使い道がなさそうだが、白黒の線画画像の着色に使える。

--gradio-img2img-tool(簡易ペイントツール追加)

img2img に簡易ペイントツールを追加する。

コマンドライン引数に --gradio-img2img-tool color-sketch を追加すると使える。

set COMMANDLINE_ARGS=--gradio-img2img-tool color-sketch

色の補正

Settings タブの Stable Diffusion の Apply color correction to img2img results to match original colors. で img2img の色補正を有効にできる。

プロンプト

プロンプトのトークン数表示

ネガティブプロンプト

ネガティブプロンプトについてはネガティブプロンプトを参照。

Attention/emphasis(語の強調)

強調したい語(複数可)を() で囲む。逆に弱くしたい語を [] で囲む。

  • "a (word)" - word の影響力を 1.1 倍にする
  • "a ((word))" - word の影響力を 1.21 倍(=1.1 * 1.1)にする
  • "a [word]" - word の影響力を 0.9 倍にする
  • "a (word:1.5)" - word の影響力を 1.5 倍にする
  • "a (word:0.25)" - word の影響力を 0.25 倍にする
  • "a \(word\)" - 文字通りの () を入力したい場合

数値による重み付けは () にだけ有効で [] ではできない。"[word:2.0]" は無効な書式。なぜなら "[word:2.0]" は Prompt Editing と解釈されるから。

語を選択して Ctrl + 十字キー Up や Down で強調の強さを変更できる。

2022-09-29 のアップデートで影響力を数値で指定できるようになったが、後方互換性は失われた。たとえば古い実装では "a (((farm))), daytime" は "a farm daytime" とコンマを抜いた文として解釈されることがあった。新しい実装ではこのバグが修正されている。現状はオプション設定で古い実装を使用できるようにしてある。

AUTOMATIC1111 では "\(\)" で文字通りの () が入力できる。文字通りの () は danbooru タグで名前の衝突を解決するときによく使われる。

  • pokemon \(anime\)
  • pokemon \(creature\)
  • shimakaze \(kancolle\)
  • shimakaze \(azur lane\)
  • shimakaze \(azur lane\)\(cosplay\)
  • tied up \(nonsexual\)
  • tied up \(sexual\)
  • photo \(background\)
  • pom pom \(cheerleading\)
  • pom pom \(clothes\)
  • dakimakura \(medium\)(ベッドで寝ている画像を出したいときによく使う)
  • dakimakura \(object\)(普通の抱き枕)
  • masturbation \(female\)
  • masturbation \(male\)
  • stocking
  • stocking \(psg\)
  • lily \(flower\)
  • lily \(vocaloid\)
  • lily \(granblue_fantasy\)
  • >:\((怒り顔)
  • \(o\)_\(o\) :漫画でよく見る黒目

Styles

プロンプトを保存しておける機能。フロッピーのアイコンの "Save prompt as style" を押すと、styles.csv にプロンプトが保存される。

Style 1 もしくは Style 2 を選択して、クリップボードのアイコンをクリックすると、プロンプトやネガティブプロンプトに「追加」される。

プロンプト内容は stylec.csv で編集できる。

CLIP interrogator

画像のプロンプトを推測する機能。img2img タブにある。

Prompt Editing

Prompt Editing は画像生成の途中でプロンプトを変更する機能だ。Prompt Editing を使うと通常では不可能な表現が可能になる。たとえば "a girl [wearing a onepiece:naked:0.5]" とすると、服が透けている表現になる。これはステップ数が 50 とすると、最初の 1~25 ステップは "a girl wearing a onepiece" を実行し、26~50 ステップは "a girl naked" を実行する。

  • [smile:sad:0.5] として表情をブレンドすることも可能。
  • "[white::0.5] hair, [:red:0.5] eye" などで色移り対策
  • [octane render::0.5] で実写とイラストをブレンド
  • [cloth:naked:0.5] で透けを表現できる
  • [no wearing:wearing blue dungarees:0.1] で裸オーバーオール

色のコントロール

色を複数指定すると色うつりする問題は、色の数が2~3ぐらいなら以下の方法で対処できる。

黒いドレスと銀髪の例

  • [black dress:((((white silver)))) hair:0.8]
  • [black::0.8] dress and [((((silver)))):0.8] hair

AI が絵を描く過程

AI はステップが小さいうちは大まかな形を描き、ステップが進むにつれて細部の描きこみを行う。たとえば牛からカエルへ変化する "a [cow:frog:0.5]" という Prompt Editing を考えてみる。最初は牛を描くので牛の外見をしている。そして細部の描きこみを行うステップでカエルを描くようになる。最終的には、牛の形だがディティールはカエルという絵になる。

Wiki の翻訳

Prompt Editing は画像生成の途中でプロンプトを変更する機能だ。基本的な文法は以下のようになる。

[from:to:when]

from と to には任意のテキストが入る。when にはプロンプトを変更するステップ数が入る。遅く変更すればするほど to の影響力は小さくなる。when には0~1の数値を指定することもできる。その場合は「ステップ数 * when」が計算されて自動的に入力される。

以下のような表記も可能だ。

  • [to:when] - when ステップ後に to を追加する
  • [from::when] - when ステップ後に from を除去する

例 "a [fantasy:cyberpunk:16] landscape"

  • 1~16 ステップは a fantasy landscape で描く
  • 17 ステップ以降は a cyberpunk landscape で描く

より複雑な例 "fantasy landscape with a [mountain:lake:0.25] and [an oak:a christmas tree:0.75][ in foreground::0.6][ in background:0.25] [shoddy:masterful:0.5] "(ステップ数は 100)

ステッププロンプト
01~25fantasy landscape with a mountain and an oak in foreground shoddy
26~50fantasy landscape with a lake and an oak in foreground in background shoddy
51~60fantasy landscape with a lake and an oak in foreground in background masterful
61~75fantasy landscape with a lake and an oak in background masterful
76以降fantasy landscape with a lake and a christmas tree in background masterful

Alternate Prompt(1ステップごとに語を切り替え)

[parrot|owl] というプロンプトは奇数ステップは parrot、偶数ステップは owl になる。

[parrot|owl|cow] の場合は、1ステップごとに parrot と owl と cow が順に切り替わっていく。

AND

プロンプトを無制限にするために使われている機能。ただし AND を使うと生成時間が長くなり、品質も下がるので、ステップ数も増やす必要がある。

プロンプトが長いとどこで切れるか分からないので、明示的に AND を挿入することでプロンプトを管理できる。

AND は以下のようなアルゴリズムで動作する。

  1. 75 トークンでプロンプトを分割する
  2. 分割されたプロンプトを CLIP に通して embedding に変換
  3. embedding を結合

なので masterpiece, best quality のようなプロンプトの内容にかかわらず適用したいタグは、分割されるプロンプトすべてに入れたほうがいい。

サンプラーの DDIM と PLMS とではこの機能は利用できない

外部リンク

added support for AND

Composable-Diffusion

Deepdanbooru(画像の Danbooru タグを表示する)

webui-user.bat に set COMMANDLINE_ARGS=--deepdanbooru を追加すると使える。xformers と同時に使う場合は

set COMMANDLINE_ARGS=--xformers --deepdanbooru

Increase coherency by padding from the last comma within n tokens when using more than 75 tokens

トークンが 75 を超えるとそこでプロンプトを分割して、別に別に処理して合成する。この時コンマやピリオド以外の場所で分割されると意味が変わってしまう。そこで 75 文字を超える場合はある程度までプロンプトを見返して、コンマのところで分割するようになっている。

Increase coherency by ~の設定は何トークンまでさかのぼるかを設定する。

Booru tag autocompletion for A1111(タグ補完)

tagAutocomplete.js を javascript フォルダに入れて、tags フォルダを AUTOMATIC1111 のインストールフォルダに入れると使える。

dynamic prompt

Extension でインストールできる。プロンプトをランダム選択する。

  • {A | B | C} : A, B, C の中のどれかがランダムに選択される
  • {2$$A | B | C} : A, B, C のうちのどれか2つが選択される
  • {1-3$$A | B | C}:A, B, C のうちのどれか1~3つが選択される
  • {2$$and$$ A | B | C}:A, B, C のうちどれか2つが選択され、カンマではなく and で結合される。例 C and A

wildcards

extensions/sd-dynamic-prompts/wildcards にプロンプトを書いたテキストファイルを置くと、そのファイルからランダムにプロンプトを選択する。たとえば以下のような color.txt の場合はプロンプトに __color__ を入れると機能する。

redbluegreen

空白行と # で始まる行は無視される。

1行だけ書いたファイルを用意してマクロ代わりに使う方法もある。

wildcards は dynamic prompt と合わせて使うと便利だ。以下のプロンプトは adjective.txt の中から2~4つランダムに選択して and で結合する。

a photo of a {2-4$$and$$__adjective__} house

wildcards は再帰もサポートしている。txt ファイルに {A | B} や __color__ を入れると、それを展開して実行する。

ワイルドカード

python の glob で使えるワイルドカードが使える。

__color*__ とすると以下のようなファイルとマッチする。

  • color.txt
  • color1.txt
  • nested/folder/colors1.txt

__light/**/*__ とすると以下のようなファイルとマッチする。

  • nested/folder/light/a.txt
  • nested/folder/light/b.txt

[0-9] (0から9までの任意の数字一文字)や [a-z] (a から z までの任意の一文字)や ? (任意の一文字)が使える。

Combinatorial generation

すべての組み合わせのプロンプトで画像を生成する。

ファインチューン

学習についてはStable Diffusion のファインチューンの Tips を参照。

Embedding (.pt や .bin ファイル)を使う

Embedding は .pt や .bin ファイルで提供される。それらを embedding フォルダにいれて、プロンプトにファイル名を入れると使える。たとえばファイル名が〇〇だったとすると、プロンプトに "portrait of 〇〇" とすると使える。再起動不要。

Embedding はトレーニングされたモデルで使わないと意味がない。Waifu Diffusion で学習したデータを Stable Diffusion で使っても意味がない。

CLIP Aesthetic

インストール

以下のコマンドを実行する。

git clone https://github.com/AUTOMATIC1111/stable-diffusion-webui-aesthetic-gradients extensions/aesthetic-gradients

使い方

embedding を models/aesthetic_embeddings 入れると、txt2img タブの Open for Clip Aesthetic で設定できる。

サンプルファイルが vicgalle/stable-diffusion-aesthetic-gradients/aesthetic_embeddings からダウンロードできる。サンプルの作例は vicgalle/stable-diffusion-aesthetic-gradients で見れる。

Aesthetic steps

最適化ステップの実行回数。2や3ぐらいから始めて少しずつ大きくしていく。大きくするほど embedding の影響が強くなる。

Aesthetic learning rate

最適化の学習率。デフォルトの 0.0001 から動かす必要はない。

外部リンク

Using Aesthetic Images Embeddings to improve Dreambooth or TI results #3350

【NovelAI】开源的WebUI即将引入重磅更新,大幅提升图像品质

Hypernetwork を使う

models フォルダに hypernetwork フォルダを作成しそこに pt ファイルを配置する。setting から hypernetwork を選ぶ。

VAE を使う

自動選択

○○.ckpt のある場所に ○○.vae.pt という名前に変更した VAE を配置する。

手動選択

models/vae に *.vae.pt を配置する。Settings の SD VAE で VAE を選ぶ。

VAE リンク

Waifu Diffusion v1.4

Stable Diffusion v1.5

検証

X/Y plot(パラメーターの検証に使う)

Script の X/Y plot で使える。プロンプトやサンプラーや CFG スケールを変化させたときに画像がどう変化するのかを、実際に画像を生成して検証できる。

Prompt S/R は最初の語がプロンプト内に含まれている必要がある。たとえば "masterpiece, best quality, dog" というプロンプトで dog を cat や cow に変化させるには、以下のように設定する。シードは何でもいい。

xy plot
dog と cat でプロンプトを検証

シードステップ

シードは範囲とステップとを指定できる。たとえば 1000-10000(+1000) と書くと 1,000 から 10,000 まで 1,000 刻みで出力してくれる。

Prompt matrix

プロンプトの末尾を変えた時の比較ができる。プロンプトの一部を変えたい場合は、X/Y plot の Prompt S/R を使う。 以下の例では画像が4枚作成される。

a busy city street in a modern city | illustration | cinematic lighting
  • a busy city street in a modern city
  • a busy city street in a modern city, illustration
  • a busy city street in a modern city, cinematic lighting
  • a busy city street in a modern city, illustration, cinematic lighting

| の数の2乗の枚数の画像が作成される。

advanced_prompt_matrix.pyを使えば、プロンプトの一部を変更することもできる。

そのほか

Extensions(追加機能)

Extension タブでインストールできるようになった。Available タブで Extensions を選択してインストールできる。

xformers(高速化)

--xformers オプションを有効にすると 30% 以上高速化する。出力される画像は少し変わる。成功すると起動時の PowerShell の画面に Launching Web UI with arguments: --xformers と表示される。RTX 3050 で xformers を有効にすると以下のような結果になった。サンプラーは Euler a。

解像度速度(it/s)
512x5124.5
512x7683.0
1024x10240.7

インストール時の注意点

xformers は Python 3.10 以上でないと動かない。Python 3.8 で動かそうとすると ModuleNotFoundError: No module named 'xformers' が出る。

Python 3.10 をインストールしているのに認識しない場合は webui-user.bat を以下のように編集する。

set PYTHON=C:\Users\あなたのユーザー名\AppData\Local\Programs\Python\Python310\python.exe

使い方

  1. webui-user.batを編集して、set COMMANDLINE_ARGS=--xformer にする
  2. webui-user.batから起動する

外部リンク

Building xFormers on Windows by @duckness

xformers (increase your it/s)

Building xformers

Using xFormers

Stable Diffusion 2.0

2022 年 11 月現在は学習やマージには未対応。

  • 768-v-ema.ckpt を models/Stable-Diffusion に配置
  • yaml ファイルを ckpt と同じ名前(768-v-ema.yaml)にして models/Stable-Diffusion に配置
  • UI から選択

使用する GPU の選択

webui-user.bat に set CUDA_VISIBLE_DEVICES=0 や CUDA_VISIBLE_DEVICES=1 と追加すると使用する GPU を選択できる。

--device-id コマンドライン引数で CUDA デバイスを選択できる

Variations

同じシードでもちょっと違う絵を再生成できる。場所は Extra。

たとえば「Variation seed -1、Variation strength 弱め」にするとちょっと違う絵になる。

Checkpoint Merger

ckpt ファイルをブレンドする機能。models/Stable-Diffusion フォルダにブレンドしたい ckpt ファイルを置いて、実行するだけ。

Add difference の使い方

Add difference は Dreambooth や追加学習の内容を抽出する時に使う。たとえば Waifu Diffusion の学習内容を抽出して Easter に追加したければ、Easter + (Waifu Diffusion - Stable Diffusion v1.4) を実行する。

user.css

webui.py の場所に user.css を作成すると UI のレイアウト等を変更できる。

/* ギャラリーの高さを変更する */#txt2img_gallery, #img2img_gallery{    min-height: 768px;}

Interrupt

Interrupt ボタンを押すと現在の処理を中断できる。

4GB の VRAM で実行

4GB の VRAM で 512px * 512px の画像が生成できる機能。

--lowvram はモデルをモジュールに分割して、必要なモジュールのみ VRAM に展開することでメモリ使用量を節約している。ステップごとに大量のデータ転送が必要になるためとても遅い。RTX 3090 でこのオプションを有効にすると 10 倍遅くなる。

--medvram は同一バッチ内で conditional denoising と unconditional denoising を行わないことでメモリ容量を削減している。

ロードの進捗表示

Gradio のローディング表示は遅い。これを切ると RTX 3090 で 10% 高速になる。現在はデフォルトで非表示になっている。

コマンドラインオプションの --no-progressbar-hiding を使うと表示できる。

Png へデータの埋め込み

埋め込まれたデータはPNG file chunk inspectorで確認できる。

最新版では jpg へのデータ埋め込みもサポートしている。

ローカルネットワーク(スマホ)から UI にアクセス

--listen をつけて webui-user.bat を起動する。詳細はStable Diffusion Web UI(AUTOMATIC1111版)を導入したのとWaifu DiffusionやTrinArtのモデルを使ってみたのと【AI画像生成】#スマホからでもアクセスできるようにを参照。

通知音を鳴らす

notification.mp3 を AUTOMATIC1111 のフォルダに入れておけば、画像生成時に鳴らしてくれる。

Settings

UI で設定できる項目の半数以上はコマンドラインでも設定できる。その設定値は config.js に保存されている。

ファイル名タグ

Images filename pattern でファイル名を設定できる。以下のタグが使える。

[steps], [cfg], [prompt], [prompt_spaces], [width], [height], [sampler], [seed], [model_hash], [prompt_words], [date], [model_hash]

アップデートによりタグは追加される。実際に使えるタグは"Images filename pattern" ラベルの上にマウスカーソルを持っていくと表示されるウインドウで確認できる。

[prompt_spaces] は生のプロンプト。[prompt_words] は単純化されたプロンプト。

例:s=[seed],p=[prompt_spaces]

UI

日本語化

Extensions タブで言語ファイルをインストールした後、設定で有効にする。

localize
言語ファイルのインストール
  1. Settings タブの User interface の Localization (requires restart) で ja_JP を選択
  2. 画面上の Apply settings を押す
  3. 画面下の Restart Gradio and Refresh components を押す

ダーク UI

http://127.0.0.1:7860/?__theme=dark にアクセスする。

Quicksettings(UI 上部に設定を表示)

Settings タブの User interface の Quicksettings list に表示したい UI 名を指定すると、UI 上部に設定を表示できる。たとえば、chekcpoint と hypernetwork を表示するには Quicksettings list を以下のように設定する。

sd_model_checkpoint, sd_hypernetwork

Apply Settings を押した後、再起動する必要がある。

sd_hypernetwork_strength, CLIP_stop_at_last_layers, sd_vae も表示すると Hypernetwork の学習時に便利かもしれない。

ui-config.json

ui-config.json はラジオグループのデフォルト値やチェックボックスのデフォルト値、テキストや数値のデフォルト値を設定できる。

一度に生成する画像の枚数等の設定も変更できる。一度の生成する画像の枚数は "txt2img/Batch count/maximum": で変更できる。

コマンドラインが使えるなら --ui-config-file でカスタム設定ファイルを読み込むことも可能。

外部リンク

公式 Wiki

画像生成AI「Stable Diffusion(AUTOMATIC1111版)」で一度に1000枚以上作ったりデフォルトのファイル名を変更したり生成が終わったらプッシュ通知したり知っておくといろいろ便利な設定方法まとめ

Novel AI 設定


広告
広告