広告
広告

サンプル数計算・ドロップ率検定機

カテゴリ:その他

ドロップ率検定

サンプル数×ドロップ率が5より大きいときに使えます.ドロップ率が1%の時,サンプル数は 500 以上必要です.

有意水準
比較する確率:
サンプル数:
ドロップ数:
判定:

サンプル数計算

有意水準
推定確率(不明なら 50 を指定する)
有効範囲±
必要なサンプル数:

推定確率について

事前にドロップ率がわかっている場合,そのドロップ率を指定する. 例えば,ある程度サンプルを集めてドロップ率が 9.3% だったとする. この場合このドロップ率を 50% に近づくように切り捨て/切り上げした 10% を指定して計算する.

関連記事

ドロップ率の検定

ガチャの確率計算機


広告
広告