Blender でしっぽのリグ(パスとB-Bone)

カテゴリ:blender

IK/FK を使ったリグは IK-FK 切り替えスイッチ を参照.

demo
動作デモ

用意するもの

パス(ベジェでもいい)・デフォームボーン・パスの位置決め用ボーン(Emptyでもいい)

用意するもの

手順

パスの位置決め用ボーンの設定

パスの位置決め用ボーンはデフォームボーンの数だけ必要になる. この記事では5本つかう. このパスの位置決め用ボーンはすべてアーマチュアの原点に配置する. そうしないとちょうどパス上に配置されない.

ポーズモードでパスの位置決め用ボーンに Follow Path(パスに追従)をつける. ボーンの数に応じて Offset を設定する. この記事では5本あるので 0.2 ずつ増加する. パスの位置決め用ボーンは選択しにくいのでアウトライナを使う. ボーンをひとつ設定した後で Pose > Constraints > Copy Constraints to Selected Bones を使うとコンストレイントをコピーできる.

follow path
Follow Path の設定と設定後の状態
copy
コンストレイントのコピー

これらのボーンはデフォームしないので Deform のチェックを外す.

デフォームボーンの設定

デフォームボーンは Inherit Rotation と Inherit Scale のチェックを外す.

uncheck inherit

デフォームボーンに Stretch To(ストレッチ)をつける. ターゲットは位置決定用ボーン. Rest Length はボーンの長さに合わせて目視で調整する. デフォームボーンの親ボーンには Follow Path をつける. Follow Path が先で Stretch To は後でなければならない.

stretchto
設定後の状態. Follow Path をつけるのは親のデフォームボーンだけ

B-bone の Segments を適当な数に設定する. この状態でパスを動かしてボーンが追従することを確認する.

パスの設定

パスにフックを設定する. パスのエディットモードでコントロールポイントを選択し,Ctrl + H > Hook to New Object でフックを設定できる.

hook
Hook の設定

このフックを動かしてデフォームボーンが動くことを確認する.


.blend ファイルダウンロード

関連記事

Blender 記事の目次