Blender で基本的なカメラのリグ

カテゴリ:blender
demo
動作デモ

カメラのリグはカメラの向きをコントロールするカメラ部分のリグと, カメラの位置と任意の回転軸周りの回転を制御するクレーンの部分とに分かれる.

カメラ部分のリグ

先にカメラ部分のリグ(注視点とフォーカスの移動)を作る.ドリーはクレーンを利用して実装する.

原点に注視点となる十字のエンプティ(以下 aim)とフォーカスとなる円のエンプティ(以下 focus)を作成する. focus は X 軸周りに 90° 回転させておく.

empty
エンプティの配置

カメラの位置と回転とをクリアして,カメラと focus とをカメラを親として親子づけする.

camera
カメラの配置

aim をターゲットとして,カメラにトラックをつける. 先:は -Z,上:を Y に設定する.

camera track to
トラックの設定

カメラの焦点に focus を設定する.

focus
焦点の設定

ここまでで以下の動作ができる.

camera base

要素のロック

位置情報をすべてクリアして,以下のように要素をロックする. カメラはクレーンで制御するためフルロックされている.

transform aim
aim のロック
transform camera
カメラのロック
transform focus
focus のロック

クレーンの作成

クレーンのボーン配置

bone name
ボーン配置(正面図)
bone axis
ボーンのローカル座標軸

コンストレインの設定

dolly をターゲットとしてカメラに位置コピーをつける;位置コピーをトラックより先になるよう移動させる. dolly には aim をターゲットとしてトラックをつける.

copy location
カメラに位置コピーをつける
dolly track to
dolly にトラックをつける

クレーンの要素をロック

ボーンの要素を以下のようにロックする.ボーンはすべてスケールを継承のチェックを外す. base は回転軸の役割もあるので,拡大縮小はフルロックされていない.

base
base のロック
elevator
elevator のロック
rail
rail のロック
dolly
dolly のロック
inherit scale
ボーンはすべてスケールを継承のチェックを外す

使い方

カメラの注視点は aim を移動させることによって行う. カメラを移動させるには base を移動させる. そのほかの設定はクレーンの各ボーンの回転と拡大縮小とで調整する.

.blend ファイルダウンロード

関連記事
Blender 記事の目次