Dyntopo のパフォーマンスを軽くする

カテゴリ:blender
  1. Matcap を使わない
  2. matcap
  3. 両面表示(Double Sided)を無効にする
  4. double sided
  5. 細部(Detail)を大きくしすぎない
  6. 大抵は 10~20 で十分だ.5 未満の数値は本当に必要な部分をスカルプトするときだけ使う.

    detail
  7. 過剰なディティールの部分を単純化する
  8. 方法1:細部のリファイン方法(Detail Refine Method)で辺を統合(Collapse Edge)を選び細部(Detail)の数値を上げてスカルプトする.

    collapse edge

    方法2:細部(Detail)の数値を上げて簡略化(Simplify)をつかう.

    simplify

    方法3:ポリゴン数削減(Decimate)モディフィアや重複頂点を削除(Remove Doubles)で頂点を削除

  9. 不要な部分を隠す(H);Alt + H で再表示
  10. 回転やスケールが重いときは Z でワイヤフレーム表示にする
  11. 数分ごとにフリーズするときは自動保存が原因である可能性が高い
  12. auto save
    Auto Save の設定

参考にした記事

Dynatopo test thread

関連記事
Blender 記事の目次