広告
広告

Blender での n ゴンの使い方

カテゴリ:blender

n ゴンが使える条件

1. モデルを Blender でしか使わない

ゲームエンジンや MMD 等のプログラムは n ゴンをうまく扱えない。他のプログラムと連携することがあらかじめ分かっているなら、最初から n ゴンの使用を避けるか、エクスポート前に n ゴンを分割するか、リトポロジーを行う。

2. n ゴンがフラット

フラットではない n ゴンはレンダリングしたときに折り目がつく。

ngon edge

3. 再分割曲面モディフィアを使わない

n ゴンは内部的には三角ポリゴンで分割されているので、再分割曲面モディフィアは n ゴンをうまく処理できない。

4. 変形させない

n ゴンは面の内部に頂点を持たないので、面の内部を変形させられない。

n ゴンの利点

n ゴンはすべて四角形ポリゴンでモデリングするのに対して、ポリゴン数が少なくなる。これはレンダリング速度に影響を与える。

三角ポリゴンや四角ポリゴンの場合、辺にべベルをかけると余計な三角ポリゴンが生成されることがある。しかし n ゴンではそのようなポリゴンは生成されない(交点が 3 の場合)。フラットな面を多く持ち、べベルやブーリアンを多用するハードサーフェスのモデリングでは n ゴンを使う機会は多い。

n gon bevel
n ゴンはべベルをかけても余計なポリゴンが生成されない
n gon pole
交点が 4 のときは n ゴンであっても余計なポリゴンが生成される

Tips

n ゴンに変換

不要な面・辺を選択して、Ctrl + X。

n ゴンのみ選択する

『選択 > 頂点数で選択』で、頂点数を 4、タイプを大きいにする。

location
params

Blender 2.78 では『頂点数で選択』は、『選択 > 特徴で全選択』に移動された。

278
Blender 2.78 での頂点数で選択

外部リンク

Mesh Check($5)

三角形と多角形をリアルタイムにハイライトするアドオン。


関連記事

Blender 記事の目次


広告
広告