エッジを回転させてポリゴンフローを直す

カテゴリ:blender

押し出しを使ってモデリングしていると,どうしてもブロック感のあるモデルになりがちだ. 特に人体は筋肉の流れに沿ってポリゴンフローを配置しないと不自然に見える.

ポリゴンフローはエッジを回転させて調整するのが簡単だ. Blender ではエディットモードで,エッジまたは隣接するポリゴンふたつを選択して, Mesh > Edges > Rotate Edge C(C)W で回転できる.

Rotate Edge
Rotate Edge の場所
エッジの回転
エッジの回転

ショートカットキーの割り当て方

User Preference(Ctrl + Alt + U)からも設定できるが,メニューからもできる. メニューからショートカットを設定したいコマンドを右クリックして Change Shortcut で設定できる.

メニューからショートカットを設定
メニューからショートカットを設定

押し出し後にエッジの回転

ポリゴンフローの調整は押し出し実行後によく行われる.ただし常に必要になるわけではない. 以下の画像は押し出した後ポリゴンの位置を調整したもの(左)と,それのエッジを回転させたもの(右)だ. エッジを回転させた方の上下の勾配がよりスムースになっている.

シェーディング
シェーディングによる比較
ワイヤフレームによる比較
ワイヤフレームによる比較
実際の手順
作成手順

余計なエッジの削除

以下のようなポリゴンで,真ん中のエッジを回転させると左右のエッジは不要になる.

このようなエッジのみを削除するには dissolve vertex(edge) を使う. 不要な頂点またはエッジを選択し,x > dissolve * を選択する.

dissolve
dissolve * の場所

実際の使用方法は以下の動画を参照.押し出しとエッジの回転を使って人体をモデリングしている.
Organic Modeling

関連記事
Blender 記事の目次