Blender の UI スクリプト集

カテゴリ:blender

Blender のバージョンは 2.75.

スクリプトの実行方法

テキストエディタにコードを入力し,スクリプト実行を押すのが簡単だ.

run script
スクリプトの実行

カスタムボタンの作成

以下のコードはカスタムボタンクラスだ. ボタンの文字が text で,押すとコンソールに pushed を表示する. 一番最後の行はクラスの登録を行う. 登録しないとオペレーターも UI を表示するパネルも使えない. この最後の行はスクリプト内のすべてのクラスを登録する. パネルに配置しないと表示できないので,このまま実行しても何もおこらない.

このオペレーターをパネルの draw から呼び出せばボタンが表示される. self.layout.operator("bl_idname に設定した名前") で呼び出せる.

UI を配置する

以下のコードは Properties Shelf にボタンを表示する. ボタンのコードにクラス UI を追加しただけだ.

実行結果
実行結果

クラスの bl_region_type プロパティによってどこに表示されるかがきまる. 文字列と配置場所との対応は以下のようになっている.

bl_region_type
bl_region_type とその配置場所

具体的には以下のようになる.

bl_region_type が "TOOLS" のとき,タブの文字を bl_category で指定できる.

特定のオブジェクトが選択されているときだけ表示する

poll クラスメソッドを使う. 以下のコードは選択されているオブジェクトがメッシュで名前が Cube の時だけ UI を表示する.

レイアウト

ボタンを横に並べる

ボタンを横に並べる
ボタンを横に並べる

以降は draw の内容だけを書く.

ボタンを左揃えで配置

左揃え
左揃え

グループ化

グループ化
グループ化

ラベルとアイコン

ラベルとアイコン
ラベルとアイコン

ポップアップ

ポップアップ
ポップアップ

以下のコードはボタンが押されたときポップアップウインドウを表示する. execute はダイアログの OK が押されたときに呼ばれる. キャンセルしたいときはダイアログ外をクリックする.

公式ドキュメントにはより複雑なボタン配置やそのほかの機能が紹介されている. http://wiki.blender.org/index.php/Dev:Py/Scripts/Cookbook/Code_snippets/Interface

スクリプトをプラグインにするには [Blender] Blenderプラグインの作り方 を参照.

[Blender] アドオンのインストール・アップデート・アンインストール方法のまとめ

関連記事
Blender 記事の目次