広告
広告

Blender での表示の使い分け

カテゴリ:blender

モデリングする時には編集している個所ごとに表示方法を変えるとよい。 例えばポリゴンフローを直しているときはソリッド+フラットシェーディング(デフォルト設定)にすると見やすく、 表面の凹凸を直すときにはスムースシェード+細分割曲面(Subdivision Surface)が便利だ。 この記事ではよく使う表示方法をいくつか紹介する。

テクスチャ

UV 展開がうまくいているかどうかチェックしたり、最終イメージに近い状態で微調整を行う際に使う。設定手順は長くなるので他の記事に譲る。

裏も見えるワイヤフレーム

裏付きワイヤフレーム

モデリング初期の分割数が少ない状態の時もしくは、裏側のオブジェクトも一度に選択したいときに使う。

設定手順

シーン中のすべてのオブジェクトをワイヤフレームで表示するには 3D ビューで設定を変更する(ショートカット Z)。

個別のオブジェクトをワイヤーフレームで表示するには「プロパティパネル > オブジェクト > 表示 > 最高描画タイプ」をワイヤーフレームにする。

半透明の面を非表示にするには、エディットモードで「プロパティシェルフ(ショートカット N)> メッシュ表示 > オーバーレイ:の面」のチェックを外す。

ワイヤーフレームの設定方法

陰線ワイヤ(Hidden Wire)

Hidden Wire

裏側のオブジェクトが不要な時はこちらを使う。

設定手順

エディットモードで「プロパティシェルフ(ショートカット N)> シェーディング > インセンワイヤ(Hidden Wire)」にチェックを入れる。

Hidden Wire の設定方法

レントゲン(X-Ray)

X-Ray

主にボーンを表示させるのに使う。クリックしたときには手前にあるオブジェクトが選択されるので注意。

設定手順

「プロパティパネル > オブジェクト > 表示 > レントゲン」にチェックを入れる。

X-Ray の設定方法

陰線ワイヤ + レントゲン

リトポの時に便利。

hidden wire + x-ray

スムースシェード+細分割曲面+Matcap

スムースシェード+Subdivision Surface
スムースシェード+Subdivision Surface

表面の微妙な凸凹を直したいときに使う。 Matcap を使えば、プリセットのマテリアルを素早く切り替えてシェーディングをチェックできる。

設定手順

スムースシェードはオブジェクトモードで「ツールシェルフ(ショートカット T)> 編集 > シェーディング > スムーズ」を選択する。

Matcap はエディットモードで「プロパティシェルフ(ショートカット N)> シェーディング > Matcap」にチェックを入れる。 Matcap のマテリアルは球の画像をクリックすると変更できる。

細分割曲面は show on cage までチェックを入れる。

ワイヤーはエディットモードの時のみ表示される。 このワイヤーは「プロパティシェルフ > メッシュ表示 > オーバーレイ > 辺」のチェックを外せば非表示にできる。

スムースシェード+Subdivision Surfaceの設定方法
スムースシェードと Subdivision Surface の設定
Matcap の設定
Matcap の設定

矩形でクリッピング(Clipping Border)(Alt + B)

Clipping Border

これはモデルの一部だけを表示したいときに使う。特にモデリング時に重宝する。もう一度 Alt + B で解除できる。

ボーダーレンダリング(Render Border)(Ctrl + B)

画面の一部のみレンダリングすることでレンダリング時間を減少させられる。 ボーダーレンダリングを一時的に非表示にするには「プロパティシェルフ > ビュー > レンダーボーダー」のチェックを外す。

Render Border
Render Border

レンダリング時のボーダーレンダリングを無効にするには Ctrl + Alt + B か、「プロパティパネル > レンダー > 寸法のボーダー」のチェックを外す。

レンダリング時の Render Border を無効
レンダリング時の Render Border を無効

関連記事

Blender でモデリングする際のカメラセッティング

Blender 記事の目次


広告
広告