ボーンを使ってボーンをコントロールする―Blender アニメーションの基礎

カテゴリ:blender

手を握ったり開いたりする動作は頻繁に起こる. しかしいちいちボーンを操作していたのでは時間がかかる. 特徴的な動きならばアクションを作るのが筋だが, 簡単な動作の場合はボーンを使ってボーンをコントロールすると便利だ.

ボーンひとつで手の開閉をコントロールする

コントロール用ボーンの設定

コントロール用ボーンを作成し,名前の頭に C_ をつける.命名規則は オブジェクトの命名規則 を参照. コントロール用ボーンは Shift + W で Deform を選択すると Deform のチェックを外せる. もしくは Properties > Bone > Deform で直接チェックを外す. これは意図せず頂点ウェイトが割り当てられて頂点がアニメーションするのを防ぐために行う.

コントロール用ボーンの設定
コントロール用ボーンの設定

Constraint の設定

ポーズモードでコントロール用ボーンを選択した後, 指のボーンをひとつ選択し Ctrl + Shift + C > Copy Rotation で Constraint をつける; 先にコントロール用のボーンを選択しておくと Contraint のターゲットを設定できる. デフォルトではグローバル座標軸の回転をコピーするようになっているので設定を変更する. チェックボックスには X と Offset とにだけチェックを入れ,スケールを両方 Local Space にする.

Constraint の設定
Constraint の設定

X にしかチェックを入れないのは,指がローカル X 軸まわりに回転するからだ. これは指の回転軸がすべてローカル X 軸になるようにボーンを設定してあるからこそ成り立つ. 詳しくは Blender アニメーションの基礎―ボーンのローカル座標軸設定 を参照. Offset にチェックを入れるのは,コントロール用ボーンで回転させた後に微調整できるようにするためだ.

あとはこの Constraint を他の指にコピーするだけだ. Constraint のついていない指のボーンを選択し,最後に Constraint のついたボーンを選択する. そのあとで Pose > Constraints > Copy Constraints to Selected Bones を実行する.

コントロール用のボーンをローカル X 軸まわりに回転させるだけで以下のように手を開閉できる.

手を開く
手を閉じる

関連記事
Blender 記事の目次