広告
広告

手のモデリング

カテゴリ:blender

分割数

分割数は8・6・4がよく使われる。4はローポリで使われ、関節をひとつ減らすことも多い。さらにローポリにするなら指をモデリングせず、グローブのような形にしてテクスチャで指を描く。この記事では8で説明する。

low poly hand
分割数4で関節をひとつ減らした例
ntny 著『ローポリスーパーテクニック』(ソフトバンク クリエイティブ,2008年)pp.71 より転載

指を曲げた状態をレストポーズにする

可動範囲の中間位置を基本ポーズにするとメッシュの破綻が少ない。なので指を少し曲げた状態をレストポーズにする。指を伸ばした状態でモデリングして、ボーンを入れたときに少し曲げてリトポすると簡単だ。

bend rest pose
レストポーズ

ボーンロール

第一関節のローカル回転軸を平行にすると、指を曲げたときに隙間ができる。

hollow finger
隙間の空いた指

指のボーンロールを調整することでこれは回避できる。

roll
設定例
rolled finger
ボーンロール調整済み

実際に握りこぶしを作ったときには肉が押されて隙間はなくなる。これはトランスフォーム変換コンストレイントもしくはドライバーを使って、指のボーンを少しスケールすることで実現できる。

外部リンク

【クラウディア】ができるまで③ モデリング 体 前編

ポリゴンフロー

めり込みを少なくするために、指の関節の腹側の分割数を少なくする。

finger polygon flow
指のポリゴンフロー

リンク

関節のボーンとポリゴンフローに関するTIPS

関節位置

関節位置が指の中央にあると指を曲げたときに隙間ができる。

bad
指を曲げたときにできる隙間

これはボーンを指の背の側へ移動させたり、第二関節を短くすることで低減できる。

bone location
ボーンが指の背よりに配置されている
good
隙間がほとんどない

外部リンク

『神風動画』流公開講座、手のモデリング動画を徹底解説>>IDOLiSH7 二階堂 大和の手に込めたこだわり

関連記事

Blender 記事の目次


広告
広告