広告
広告

モデリングの際に知っておくと便利な機能

カテゴリ:blender

一般的なものについては 【blenderモデリング基礎】造形するにあたって序盤で知っておきたかったコマンドなどを参照。

2.80 の操作法が説明されてない項目は 2.80 でもそのまま使える。

バッチリネーム(2.81)[Ctrl + F2]

バージョン 2.81 では Ctrl + F2 でバッチリネームができる。オブジェクト・メッシュ・マテリアル・ノード等を正規表現で一度にリネームできる。

batch rename
バッチリネーム

ドラッグでオブジェクト(頂点等)を移動

「編集 > リリースで確定」にチェックを入れる。2.80 では「入力 > マウス > リリースで確定」。

confirm release
2.79 以前
280
2.80

2.80 でサイドバーのパネルを固定 [Shift + LMB]

pin side bar
サイドバーのパネルを固定

マウスカーソルの位置を注視点にする [Alt + F]、2.80 [Alt + MMB]

2.80 では Alt + マウス中ボタンクリックでできる。

center view to mouse
マウスカーソルの位置を注視点にする

細分割曲面をつける [Ctrl + テンキーでない数字]

メッシュオブジェクトが選択されているときに「Ctrl + テンキーでない数字」で細分割曲面をつけられる。既についている場合はその細分化:を変更する。

demo
細分割曲面のショートカット

ツールプロパティをビューポートに表示 [ F6 ]、2.80 [F9]

2.80 でのコマンドは「編集 > 最後の操作を調整(Adjust Last Operation)」。

f6

メッシュの編集

頂点の経路を連結 [ J ]

連続した分割は「メッシュ > 頂点 > 頂点を連結(Connect Vertices)」。

connect vertices

切り裂き [V]

rip

球へ変形 [Alt + Shift + S]

to shpere

辺を時計回りに回転

メッシュ > 辺 > 辺を時計回りに回転(Rotate Edge C(C)W)。

エッジの回転

ループカットのスムース

ツールシェルフ下のツールプロパティで設定できる。

smooth loop cut
ループカットのスムース

辺ループのブリッジ

メッシュ > 辺 > 辺ループのブリッジ(Bridge Edge Loops)。

bridge edge loops

二等分(Bisect)

辺または面を選択した状態で、「メッシュ > 二等分(Bisect)」。ドラッグすることでメッシュを分割できる。メッシュを削除して穴を埋めるオプションもある。2.79 でも使えるが、2.80 ではインタラクティブに分割面を編集できる。

bisect demo
二等分

XY 軸で編集

Z の高さはそのままに XY 軸でスケールしたい時は s > Shift + Z でできる。スケールだけでなく移動でも有効。XZ 軸で編集するときは Shift + Y、YZ 軸で編集するときは Shift + X になる。

scale xy
Z がスケールしていないことに注目

ピボットポイントのアクティブ要素 [Alt + .]、2.80 [ . ]

  • バウンディングボックス [,]
  • 3Dカーソル [.]
  • 中点 [Ctrl + ,]
  • それぞれの原点 [Ctrl + .]
active element

プロポーショナルエディットで動いてほしくない頂点を隠す

H で頂点を隠すとプロポーショナルエディットで編集するさいに影響を受けない。

動作デモ

エッジループの整列

G G E で選択した頂点を整列できる。Ctrl を押してスナップすることもできる。

align vertices

選択で溶解(dissolve selection)

Ctrl + X で選択した要素を溶解できる。

複雑な面で均等幅にエッジループを入れる

n ゴンを作成し、面を差し込む(I)を実行する。

選択

カーソル下のメッシュを選択 [L]

select under cursor
追加で選択しても選択は解除されない

隠れた面を選択

Z でワイヤフレームにするか、陰面処理を無効にする。隠れた面を選択できる状態のときは、面の中央の ■ をクリックすると選択できる。

location
2.79 以前
location 280
2.80
select back

左側を全部選択

中央にある頂点を選択して「選択 > アクティブな側(Side of Active)」。選択した要素を基準に、左右前後上下の任意の要素を選択できる。

side of active

横のエッジループをすべて選択

Ctrl + Alt + クリックで横のエッジループを選択(もしくは「選択 > ループ選択 > 辺リング」) > 「選択 > ループ選択 > 辺ループ」

select loop
横のエッジループをすべて選択

シームで選択

Ctrl + L で連結されている要素を選択できるが、このときツールシェルフ(T)で Seam を選択すると島を選択できる。

select seam
シームで選択

飛ばして面選択(Face Stepping)

飛ばして面選択は面の経路選択に似ているが、側面の辺が選択されないところが違う。

face stepping
飛ばして面選択

チェッカー選択解除

選択 > チェッカー選択解除(Checker Deselect)。

checker deselect

アドオン

標準アドオン

F2

F で連続して面を貼れる。

Loop Tools

真円をつくるのに便利。

Edit Mesh Tools

Face Tools に有用なコマンドが多い。

フリーアドオン

Maxivz's Interactive Tools for Blender

ダウンロードページ

EdgeFlow

PolyQuilt

マウスだけでモデリングできるように設計されたアドオン。ローポリ向け。

Merge Tool

マージの先をマウスドラッグで指定するだけでマージができるようになるアドオン

Apply Modifier

シェイプキーのあるメッシュのミラーを適用可能にするアドオン。

有料アドオン

Smart Fill($3)

F キーでブリッジやグリッドフィル等を可能にするアドオン。F2 アドオン互換。

外部リンク

関連記事

Blender 記事の目次


広告
広告