広告
広告

Pitchipoy で使われている瞼のリグ

カテゴリ:blender

この記事では上瞼だけを扱うが,下瞼や口も同様に作成できる.

ボーン構造

アニメーターが操作するボーン,デフォームボーン,瞼が弧状に動くようにする中間ボーンの三つがある. デフォームボーンは親子付けされているが,ほかのボーンは親子付けはされていない.

front
正面から見たボーン配置

中間ボーンの頭は目の奥のあたりに配置する.

head pos
中間ボーンの配置例

操作用ボーンの設定

両端と中央の操作用ボーンを動かすとその間の操作用ボーンも動くようにする. 中間の操作用ボーンに Copy Location(位置コピー)をふたつ付けて,Influence を適宜調整する.

copy location
位置コピーの設定例
demo
動作デモ

中間ボーンの設定

デフォームボーンが操作用ボーンを直接 Track せず一度中間ボーンを経由させるのは,操作用ボーンを上下させるだけで眼球を貫通せずに瞼を閉じられるようにするためだ. しかしこの方法では操作用ボーンを大きく動かしたときに,額やほほのメッシュが崩壊することもある. 大げさな表情をつくるカートゥーンのようなモデルでは,中間ボーンを使わずに操作用ボーンを直接 Track したほうがいいかもしれない.

中間ボーンに Damped Track(減衰トラック)をつける.

damped track
減衰トラックの設定
demo
中間ボーンの動作デモ

デフォームボーンの設定

中間ボーンを Damped Track(減衰トラック)するよう設定する.追加で Stretch to(ストレッチ)をつける. 順番は重要で,減衰トラックが先でなければならない. 設定したらストレッチの Reset で初期位置に戻す.

deform bone constraint
デフォームボーンのコンストレイントの設定

最後に目頭の位置のデフォームボーンと操作用ボーンとを,操作用ボーンを親として親子付けする.

deform demo
デフォームボーンの動作デモ

.blend ファイルダウンロード

tips

上瞼は角膜に張り付いて移動する. たとえば眼球が上を向いた時,上瞼は角膜の部分に瞼がかぶらないよう自動的に瞼があがる. また眼球が下を向いた時は,上側の白目が見えないよう瞼も下がる. これを自動的にやるには眼球の横回転(たいていはX軸)と中央の操作用ボーンとをドライバーでコントロールする方法や, Limit Distance(距離制限)を使う方法がある.

upperlid movement
JASON OSIPA著,SYBEX,STOP STARING Second Edition p.26 Figure 2.9 より転載

関連記事

瞳を追跡する瞼のリグ

Blender 記事の目次


広告
広告