広告
広告

背骨のリグ

カテゴリ:blender

背骨のリグに難しいところはない。IK/FK 切り替えスイッチやストレッチが必要ならば腕や脚と同様なリグを組めば実現できる。

人の背骨のリグを組むときに注意しなければならないのはその可動範囲だ。人の胸部の骨はほとんど動かない。前後に屈伸したとき稼働する背骨は腰部と頸部だけだ。

rotation range
ヴァレリー・L・ウィンスロゥ著 マール社
アーティストのための美術解剖学 pp.114 より転載

関節可動域の測定要領によると腰部の回転域はそれぞれ以下のようになる。

運動名可動角度(°)
屈曲(前方へ曲げる)45
伸展(後方へ曲げる)30
回旋(ねじる)40
側屈(横方向へ曲げる)50

頸の場合は以下のようになる。

運動名可動角度(°)
屈曲(前方へ曲げる)60
伸展(後方へ曲げる)50
回旋(ねじる)60
側屈(横方向へ曲げる)50

リグ

腰部と頸部に回転制限をつける。B-bone を使うときれいに曲げられる。

.blend ファイルダウンロード

関連記事

Blender 記事の目次


広告