広告
広告

Blender で輪郭抽出する方法まとめ

カテゴリ:blender

目次

概要

アンチエイリアスをかける

背面法

厚みつけモディフィア

厚みつけモディフィアを使う

厚みつけモディフィアの線の太さを調整する

板ポリゴンで背面法を使う

ポリゴン貫通時に出るアウトラインの処理

ディスプレイスモディフィア

ディスプレイスモディフィアを使う

ベベルモディフィア

ベベルで任意の辺に線を出す

フリースタイル

フリースタイル

ノード

法線/深度を使う

明度差/色を使う

Cryptomatte を使う

Object/Material ID を使う

覆い焼き(Dodge)を使う

UV

UV を直接使う

三次元 UV を出力する

マテリアルオーバーライドを使って透過 UV をレンダリングする

レンダラー依存

ポストプロセスの辺(Blender レンダーのみ)

マテリアルの Ambient Occlusion を使う(Cycles のみ)

OSL で輪郭抽出(Cycles のみ)

応用編

輪郭の太さを変更する

頂点色を使ってソーベルの輪郭抽出をコントロールする

オブジェクトの交差する部分に線を出す

ノードで余計な線を消す方法

穴にできた線を消す方法(Blender Render)

外部リンク

続きを読む

Blender 2.79 のスクリプトを 2.80 にアップデートする

カテゴリ:blender
cc4.0

この記事は 2018 年 12 月 01 日時点でのReference/Release Notes/2.80/Python APIの翻訳だ。

目次

Blender 2.80 における Python API の変更

アドオン API

シーンとオブジェクト API

メッシュ API

ユーザーインターフェイス API

描画 API

タイマー API

ヘルパーモジュール

キーワード強制引数(Keyword Only Arguments)

行列の乗算

オペレーターアップデート

プロパティアップデート

Blender 2.80 における Python API の変更

Blender 2.80 は過去バージョンの Python API と互換性がない。アドオンやスクリプトを 2.80 で実行するにはアップデートが必要になる。

注意:Blender 2.80 は現在ベータステージであり、リリースへ向けて調整中だ。Python API の大きな変更は起こらない(バグフィックスや小さな変更は起こりうる)ので、アドオンの開発者は 2.80 で実行できるアドオンを開発できる。

続きを読む

Blender で Adaptive Subdivision と Micropolygon displacement

カテゴリ:blender

Adaptive Subdivision はレンダリングされるピクセル数に応じてポリゴンの分割数を変える機能だ. つまりカメラの手前のほうのポリゴンは多く分割され,奥にあるポリゴンは少なく分割される.

これによってレンダリングされるシーンによっては,メモリ使用量を 88% 削減でき, レンダリング時間を 75% 削減できる.

Micropolygon displacement は Adaptive Subdivision を使って,レンダリング時にポリゴンを分割する機能だ.

続きを読む

Eevee の使い方

カテゴリ:blender

Eevee は Cycles と同じ物理ベースのレンダラーだ。ただしパストレーシングの Cycles と違って、Eevee はゲームエンジンで使われるラスタライズ法でレンダリングされる。パストレーシング(Cycles)では自動的に処理されるような表現の一部は、ラスタライズ法(Eevee)ではユーザーが明示的にセットアップする必要がある。

公式ドキュメント(英語)

目次

オーバースキャン

Cycles と Eevee とのライトの明るさを一致させる

AO(環境遮蔽)

鏡面反射

透過・屈折

皮下拡散(Subsurface Scattering)

間接光・放射(Irradiance Volume)

霧(Volumetric)

セルシェーディング

被写界深度

制限

続きを読む

Linux で GPU 負荷を調べる

カテゴリ:linux

Intel

Intel の内臓 GPU の負荷は intel_gpu_time または intel_gpu_top で調べられる。

Debian の場合デフォルトでインストールされていないこともある。その場合は以下のコマンドでインストールできる。

$ sudo apt-get update

$ sudo apt-get install intel-gpu-tools

GPU 使用率を調べる

一般的な状況では intel_gpu_top が便利だ。以下のコマンドで実行できる。

$ sudo intel_gpu_top

result
intel_gpu_top の実行例

特定アプリの GPU 使用率を調べる

intel_gpu_time は特定プログラムの GPU 負荷を調べられる。例えば chrome の GPU 負荷を調べたければ以下のコマンドを入力する。

$ sudo intel_gpu_time chrome

継続して GPU 使用率をチェックしたければ、su で root になってから以下のスクリプトを実行する。終了は CTRL + C で。

$ while true; do intel_gpu_time アプリ名; sleep 1s; done

nVidia

続きを読む


広告
広告