広告
広告

Blender 2.80 のコレクション・ビューレイヤー操作

カテゴリ:blender

目次

コレクション

ビューポートでの操作

アウトライナーでの操作

表示
選択

ビューレイヤー

Tips

外部リンク

コレクション

コレクションはオブジェクトを管理したり、表示・レンダリングするオブジェクトを切り替えたりするのに使う。

ビューポートでの操作

続きを読む

Blender でハードサーフェスモデリング

カテゴリ:blender

一般的なポリゴンモデリングに役立つツールはモデリングの際に知っておくと便利な機能を参照。

目次

概要

ベベル

シャープなエッジを作る

再分割曲面モディフィアでシャープなエッジを作る

スキンワープテクニックを使う

非破壊編集

エディットモードで使うテクニック

穴を開ける10の方法

アドオン

そのほか

有料動画

テクスチャ

外部リンク

続きを読む

建築・家具モデリング Tips(2.82 以降)

カテゴリ:blender

目次

設定

モデリング

アドオン

作成済みのアセットの利用

外部リンク

続きを読む

資料・テクスチャ

カテゴリ:blender

テクスチャ

textures.com

Environment Textures

Poliigon

TEXTURE HAVEN

cgbookcase.com

Blender 2.79 以前の Matcap

道路のテクスチャ

Wickr - A 100% Procedural Wicker Material for Blender 2.80

Blender UV Polar Coordinates($0+)

Procedural Jeans Pattern for Blender 2.8($0+)

Free Game Textures

PBR でシームレスなテクスチャ。

4.7 GB of CC0 Textures

作者の Youtube ページ

Julio Sillet

無料/有料のテクスチャパック。

有料

Extreme PBR 2.0 addon for Blender 2.79-2.8($49)

Shrubs collection($95)

Cycles & Eevee Materials Library Pro Materials Collection($99)

ブラシ

グリースペンシル用テクスチャブラシ

182 baroque brushes

資料

referencereference

人や動物の動きの動画リファレンス

ENDLESS REFERENCE

人の動きのリファレンス


PBR

『THE COMPREHENSIVE PBR GUIDE Volume 1: The Theory of PBR by Allegorithmic』私家訳版

『THE COMPREHENSIVE PBR GUIDE – Vol. 2: Practical guidelines for creating PBR textures 』 私家訳版

アドオン

BATS | PBR Material Creation With Layers($15)

PBR の各チャンネル(アルベド、法線等)をレイヤーを使って管理するアドオン。

Extreme PBR 2.0 addon for Blender 2.79-2.8($29-$49)

600 以上の PBR マテリアル。

そのほか

OPENGAMEART.ORG

Knittr - Procedural Knitwear Shader

ニットウェアのプロシージャルテクスチャ

300,000 Free 3D Models Available on Sketchfab

続きを読む

Eevee のセルルック技法まとめ

カテゴリ:blender

目次

カラーマネジメント

陰影なし表示

ライトの設定

基本

2影

テクスチャを使う

テクスチャで影を制御する

リムライト

透過

反射

頂点色の取得

任意の場所に影を作る

輪郭抽出

ライトの検出

手動ライティング

ハーフランバート

Phongの反射モデル

有料アドオン

外部リンク

カラーマネジメント

Blender 2.80 からビュー変換の Filmic が既定値になった。Filmic はダイナミックレンジが広がるため、フォトリアルなルックでは重要だ。しかしアーティストが直接色を指定するセルルックでは、コントラストの低下や色の変化が起こるため推奨しない。セルルックではビュー変換を「標準」にした方がよい。

flimic VS. default
Filmic と標準との比較
standard
ビュー変換の設定

陰影なし表示

陰影なし表示はカラーマネジメントの設定を無視して表示される。

Eevee

3Dビューのシェーディングをフラットにして、マテリアルかテクスチャを選択する。この設定はレンダリングに反映されない。

flat-shading
Eevee のフラットシェーディング

Workbench

照明をフラットにして、カラーのマテリアルかテクスチャを選択する。この設定はレンダリングに反映される。

workbench flat shading
Workbench のフラットシェーディング

ライトの設定

サンライトとそれ以外のライト(ポイント・スポット・エリア)では影の生成方法が違う。サンライトはシーン全体をライティングする用途で使われるため、ひとつの光源に対し複数のシャドウマップを使うカスケードシャドウマップを使用して影が生成される。そのためサンライトはGPUのメモリ使用量が多く、描画負荷も高い。

サンライト

サンライトの強みは距離減衰がないこととライトの向きだけで影の形をコントロールできることだ。

サンライトはライトの向きが影の形に影響を与えるが、それ以外のライトはライトの位置も影の形に影響を与える。サンライトでないライトをオブジェクトの近くに配置すると、広い領域が影になるため複数のライトを配置する必要がある。サンライトでないライトをオブジェクトの遠くに配置すると影になる領域は小さくなるが、距離減衰があるため影の領域の調整がシビアになる。加えてオブジェクトから遠いライトはビューポートで選択しづらい。

サンライトの解像度を上げる

影のカスケードサイズをあげ、ライトの角度を0にする。ビューポートのサンプル数を増やすと影にアンチエイリアスがかかる。

sun setting
サンライトの設定

最大距離をシーンに合わせて最適化する方法もある。

max distance
上:最大距離 10m
下:最大距離 1,000m(デフォルト値)

外部リンク

柔らかさ(2.80)

柔らかさは0が推奨値だ。柔らかさを上げると影がなまってしまう。バージョン 2.81 からはこの設定項目は削除された。

コンタクトシャドウ

Eevee は影の生成にシャドウマップを使用している。この方法は高速だが、テクスチャの精度の問題で厚みが薄かったりディティールの細かい部分では光が漏れる。コンタクトシャドウを有効にすると、そのような場所でも影を生成してくれる。ただしこれはスクリーン空間エフェクトなので視点によっては機能しないことがある。

contact shadow
柔らかさとコンタクトシャドウ

ソフトシャドウ(2.81)

ライトの半径を0にして、ソフトシャドウを有効にすると影にアンチエイリアスがかかる。

aa shadow
アンチエイリアスシャドウの設定

基本

basic
基本

ボケ量をコントロールする

続きを読む


広告
広告