広告
広告

Blender で法線マップの合成

カテゴリ:blender

ベクトル演算を使う方法

Non-Color(非カラーデータ)で法線マップを読み込みベクトル演算で合成する。Non-Color でテクスチャを読み込むとガンマ補正が無効になる。3つ以上の法線を合成する場合は法線をすべて足してから、正規化する。

vector math
ベクトル演算で合成

ミックスノードを使う方法

RGBミックスノードの「追加」で合成して、RGBミックスノードの「乗算」で大きさを調整する。乗算にはガンマ補正前の値を入力することに注意する必要がある。例えば明るさを 0.5 倍するためには、明るさ 0.5^(1/2.2)=0.730 のグレーを入力する。Blender 上ならば pow(0.5, 1/2.2) で計算できる。3枚の法線マップを合成するなら 0.3333^(1/2.2)=0.607。

mix node
ミックスノードで合成

ペイントソフトで編集する場合は、オーバーフローを避けるため、各法線マップを乗算してから加算する。たいていのペイントソフトではガンマ補正は不要だ。

外部リンク

よくわからないノーマルマップ講座 Tips編 その1

よくわからないノーマルマップ講座 概論編 その2

Blending in Detail

関連記事

Blender 記事の目次


広告
広告