広告
広告

Blender 2.8 ビルドメモ

カテゴリ:blender

Windows10Debian 9.3 とで Blender 2.8 をビルドしたときのメモ。

Windows10

シェルには Powershell を使用している。

  • Windows10
  • Visual Studio 2017
  • Git
  • Subversion
  • CMake
    インストール時に Add CMake to the system PATH for all users を選択する。

手順

ソースの取得

$ mkdir "D:/blender_dev"

$ cd "D:/blender_dev"

$ git clone git://git.blender.org/blender.git

$ cd blender

$ git submodule update --init --recursive

$ git checkout -b blender2.8 origin/blender2.8

$ git submodule foreach git pull --rebase origin master

ライブラリの取得

$ cd "D:/blender_dev"

$ svn checkout https://svn.blender.org/svnroot/bf-blender/trunk/lib/win64_vc14 lib/win64_vc14

失敗した場合

svn: E120106: ra_serf: The server sent a truncated HTTP response body. と表示されて失敗したときは以下のコマンドを実行する。

$ cd ./lib/win64_vc14

$ svn cleanup

$ svn update

$ cd ../../

Visual Studio 2017 でビルド

プロジェクトファイルの作成

$ mkdir "D:/blender_dev/build"; cd "D:/blender_dev/build"

$ cmake ../blender -G "Visual Studio 15 2017 Win64"


成功すると以下のメッセージが表示される

-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: D:/blender_dev/build

ビルド

D:/blender_dev/build/Blender.sln を開き、Ctrl + Shift + B で Debug ビルドする。

次に INSTALL プロジェクトを右クリックして、スタートアッププロジェクトに設定を実行する。INSTALL を右クリックしてビルドする。

set startup
INSTALL をスタートアッププロジェクトに設定

F5 でデバッグ実行できる。

ビルドが成功しているのに「指定されたファイルが見つかりません」というエラーが出るときは、INSTALL プロジェクトのデバッグコマンドにビルドされた exe のパスを直接設定する。64bit でビルドする場合はパスを""で囲まない。

file not found
exe を直接指定

Debian

環境

  • Debian 9.3(MATE)
  • Git
  • CMake
  • Eclipse-cdt

Building Blender on Linux

手順

ソースの取得

$ mkdir "~/blender_dev" && cd "$_"

$ git clone git://git.blender.org/blender.git

$ cd blender

$ git submodule update --init --recursive

$ git checkout -b blender2.8 origin/blender2.8

$ git submodule foreach git pull --rebase origin master

ライブラリの取得

$ cd "~/blender_dev"

$ su

$ apt update && apt install git build-essential

$ ./blender/build_files/build_environment/install_deps.sh

ソースのアップデート後のビルドがこけるときは、ライブラリを再取得する。

ビルドが成功すると CMake のオプションリストが書かれたテキストファイルが ~/blender_dev/BUILD_NOTES.txt に作成される。

端末からビルド

$ cd "~/blender_dev/blender"

$ make

ビルドが成功すると以下のメッセージが表示される。実行ファイルは ~/blender_dev/build_linux/bin/blender。

Blender successfully built, run from: /home/ユーザー名/blender_dev/build_linux/bin/blender

Eclipse でビルド

プロジェクトファイルの作成

$ mkdir "~/blender_dev/build" && cd "$_"

$ cmake ../blender -G "Eclipse CDT4 - Unix Makefiles"


成功すると以下のメッセージが表示される

-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/ユーザー名/blender_dev/build

作成に失敗したときは ~/blender_dev/build/CMakeCache.txt を削除してやり直す。

Eclipse でビルド

Dev:Doc/IDE Configuration/Linux CMake Eclipse

File > Import > General > Existing Projects into Workspace を選択して Next。Select root directory に /home/ユーザー名/blender_dev/build を設定して Finish。

project > Build All でビルドできる。

Eclipse CDT のデバッガについてはEclipse CDT での Debugger [忘備録]を参照。

そのほか

ブランチの一覧を表示

$ git branch -a

ブランチの変更

$ git checkout [ブランチ名]

ローカルブランチの削除

$ git branch -D [ブランチ名]

リポジトリのアップデート

$ git pull

リポジトリの強制アップデート

$ git reset --hard [ブランチ名]

パッチの適用

blender ディレクトリに D1000.diff.txt がある場合以下のコマンドを実行する。

$ patch -p1 < D1000.diff.txt

直前のコミットを破棄

$ git reset --hard HEAD^

外部リンク

BUILDING BLENDER

[Blender] ソースコードからBlender本体をビルドする

Blender ビルドメモ - Windows 版 Blender の作り方

Building Blender on Windows

Arcanist

Code Review

Arcanist Quick Start

関連記事

Blender 記事の目次


広告
広告