広告
広告

Blender でソフトボディを使って胸を揺らす

カテゴリ:blender

類似した手法

ソフトボディのパラメータ解説(英語)

シュリンクラップを使う方法

シュリンクラップとサーフェス変形を使う方法

ダイナミックペイントを使う方法

ソフトボディとメッシュ変形とを使う方法

スカートや髪を物理で動かす方法まとめ

この記事ではソフトボディだけを使った方法を解説する。

demo
動作デモ

手順

1. 揺らしたくない部分の頂点グループをつくる(この記事では解説しない)。

2. メッシュにソフトボディをつけて設定する。

settings
ソフトボディの設定

Soft Body

シミュレーションスピード(Speed:)を小さくすると、体の動きに対する胸の動きの遅れを表現できる。 シミュレーションスピードは小さくしすぎるとメッシュが破綻しやすくなる。1前後の値を推奨。 質量(Mass:)を大きくすると揺れも大きくなるが、メッシュが破綻するケースも増える。 揺れ具合の調整は質量を増減することで調整するのが早い。

Soft Body Goal

これは動いてほしくない部分の設定だ。 この設定では、動いてほしくない部分がほとんど動かないようになっている。 1. で作った頂点グループをここの頂点グループ(Vertex Group:)に指定する。

Soft Body Edges

引く(Pull:)と押す(Push:)とはメッシュが伸びたときに、メッシュがもとに戻る力を設定する。 曲げ(Bending:)はメッシュが伸びていないときに、メッシュがもとに戻る力を設定する。 曲げ(Bending:)が小さいと動いていないときに胸が垂れてくる。 また引く(Pull:)、押す(Push:)、曲げ(Bending:)が大きいとメッシュにしわが寄るようになる。

crease
大きすぎる曲げ(Bending:)によってできたしわ

一般的な設定

揺れを大きくしたいときは、以下のように設定する。揺れを小さくしたい時は、以下の逆に設定する。

  1. 質量(Mass:)を大きくする
  2. 曲げ(Bending:)・引く(Pull:)・押す(Push:)を小さくする
  3. シミュレーションスピード(Speed:)を小さくする

スタート地点としてシミュレーションスピード(Speed:)1、質量(Mass:)1、曲げ(Bending:)0 がおすすめだ。 揺れを大きくしたいときは主に質量(Mass:)を増加させる方向で調整する。

それでもソフトボディだけでは大きな揺れを作るのは難しい。 メッシュの縦と横とのエッジの長さが違うので、どうしてもしわができる。 大きく揺らしたいときは他の方法を使うほうがいい。

.blend ファイルダウンロード

関連記事

Blender 記事の目次


広告
広告