広告
広告

Blender で流体シミュレーション

カテゴリ:blender

FLIP と APIC との違い

バージョン 2.92 で APIC が実装された。従来の FLIP は空中に大量のパーティクルが飛散するので、派手なシーンを作るのに向いている。APIC はよりおとなしく、規模の小さい状況で使われる。

FLIP より APIC の方が渦の保存性がよく、同時にノイズも抑えられている。

FLIP
APIC

粘性の設定

バージョン 2.92 以降はドメインの粘度(Viscosity)で設定できる。

バージョン 2.91 以前はドメインの拡散(Diffusion)で設定できる。

viscosity
粘性の設定(バージョン 2.91 以前)

外部リンク

-Blenderで液体シミュレーションをするときの手順と注意点-

Release Note 2.92 Fluid

バージョン2.92 で実装された粘性のアルゴリズム

Accurate Viscous Free Surfaces for Buckling, Coiling, and Rotating Liquids

関連記事

Blender 記事の目次


広告
広告