広告
広告

ボーンを使った筋肉の表現

カテゴリ:blender
デモ

このような動きならばトランスフォーム変換(Transformation)コンストレイントだけで実現できる。腕のX軸の回転を筋肉のZ軸方向のスケーリングに対応させるだけだ。

以下のように座標軸を設定する。座標軸が異なるときは適宜トランスフォーム変換コンストレイントの設定を変更する。

座標軸
ボーンの座標軸

トランスフォーム変換コンストレイントの設定は以下のようになる。

Transformation の設定
トランスフォーム変換コンストレイントの設定

Destination (Map to マップ先)のX、Yは直接は関係がない。しかしここを1にしないとボーンが見えなくなる。

関連記事

Driver とシェイプキーで同様のことをする記事

Blender 記事の目次


広告
広告