広告
広告

Blender の UV 展開 Tips

カテゴリ:blender

Blender の UV 展開のワークフロー

  1. 切れ目の部分にシームを入れる
  2. 自動展開(UV/画像エディターで E)
  3. うまくいった部分をピン止め
  4. 2. に戻る
  5. 残りを手動で調整

シームをつけるとき Ctrl + E で辺のメニューを呼び出せる。一度「シームをつける(Mark Seam)」を実行した後、他のコマンドを実行しない限りは Shift + R で前回のコマンドを実行できる。

アングルベースを使う

自動 UV 展開のアルゴリズムにアングルベースと等角とがある。基本的にはアングルベースの方がきれいな展開図になりやすい。アルゴリズムについてはアングルベースと等角についてを参照。

angle base
アングルベース

UV のゆがみを表示する

プロパティシェルフ(N)の表示でストレッチにチェックを入れると UV のゆがみを表示できる。エリアにすると面積に応じた色がつけられる。3D上の面積とUVの面積とが近い場合は青で表示される。

area check
面積のゆがみを色で表示

角度の場合も同様だ。ただし角度のゆがみが大きいときは緑で表示される(エリアの場合は赤)。

島選択

島選択を使えば UV の塊を効率的に選択できる。他の選択モードで島を選択するには「選択 > リンク選択(Ctrl + L)」でできる。

island selection
島選択

島を梱包(Pack Islands)

「UV > 島を梱包(Ctrl + P)」は UV の相対的な大きさを維持したまま、テクスチャに収まるようにスケールしてくれる。

アクティブ四角形面に追従(follow active quad)

アクティブ四角形面に追従を使えば、グリッド状のポリゴンを整列させられる。これは服や脚、腕等の円柱状のポリゴンで威力を発揮する。やり方はUV展開してみよう(その3)アクティブ四角形面に追従を参照。

TexTools

四角化は TexTools を使うのが便利だ。四角化したい UV を選択して Rectify を押すだけで UV を四角化できる。

Uv Squares

同様の機能をもつアドオンとしてUv Squaresがある。こちらは四角化したい面を選択して実行するだけなので簡単だ。

UVと編集モードでのメッシュの選択を同期

UVと編集モードでのメッシュの選択を同期は以下の機能が有効になる。

  • 3Dビューで選択していないメッシュの UV を編集できる
  • 頂点・辺選択時は島をまたぐ頂点が動く
  • 面選択時は面を分離できる
uv select sync
UVと編集モードでのメッシュの選択を同期

通常時の面の分離

面を選択して「選択 > 分離部分を選択(Y)」で分離できる。

複数のオブジェクトを同時に UV 展開する

同じテクスチャを参照している場合、「ビュー > 他のオブジェクトも表示(Draw Other Objects)」が使える。ただしこの方法はカラーグリッドや UV グリッドでは使えない。

draw other objects
他のオブジェクトも表示の場所

MultiEdit アドオン

MultiEdit は UV だけでなく3Dビューのエディットモードでも機能する。MultiEdit Addon Alpha 2! Major Update!からダウンロードできる。

そのほか

テクスチャのパターンが目立つ場合は UV を斜めに展開するとパターンが目立たなくなる。

アドオン

Magic UV

2.79 以降なら標準で付属している。最新版はGitHubからダウンロードできる。機能一覧はTutorialを参照。

TexTools

TexTools for Blenderからダウンロードできる。機能一覧もダウンロードページから確認できる。法線やAO・マテリアルID のベイクが便利だ。その時にアンチエイリアスをかける機能もある。

UVP

gumroad からダウンロードできる。機能制限版は無料で使える。UVP のアルゴリズムは標準のアルゴリズムより UV の空白が少ない。

関連記事

Blender 記事の目次


広告
広告