広告
広告

腰のポリゴンフロー

カテゴリ:blender

腰のボーン位置

実際の人体の大腿骨の骨頭位置にボーンを置くと、腰周辺がうまく変形できない。そうする必要がある場合は補助ボーンと追加のリグが必要になる。

real
実際の人体の骨頭位置だと、骨盤周辺がうまく変形できない

なので骨頭位置をより高い位置に配置するか、骨盤側へ骨頭を移動させるとよい。

thigh high
骨頭を高い位置に配置
to pelvis
骨頭を高い位置に配置し、骨盤方向へ移動

変形ポリゴンの選択

股間部分のポリゴンは大きく引き伸ばされる。なのでそこにディティールのあるテクスチャは配置できない。

しかし変形ポリゴンは選択できる。中心部分もしくは太ももの内側を伸長する。

stretch center
中心(緑のポリゴン)を伸長する
stretch thigh
太ももの内側(赤のポリゴン)を伸長する

ポリゴンフロー

前面のV字フロー

腰前面の変形箇所はV字形なのでそれに沿ったポリゴンフローにすると変形させやすい。

v shape
赤のラインが変形箇所

背面のV形フロー

尻の変形箇所もV字にすると管理しやすい。前屈したときに尻は大きく引き伸ばされるので、より多くのポリゴンが必要になる。

hip flow
赤のラインが変形箇所

Tips

ポリゴンフロー調整の三角ポリゴンを散らす

ポリゴンフロー上に三角ポリゴンが複数あると、ポリゴン削減が目につきやすい。

sever triangles
三角ポリゴンを散らす

三角ポリゴンは、股の内側や脇などの見えづらい位置に配置する。

関連記事

Blender 記事の目次


広告
広告