広告
広告

ワープモディフィアの使用例

カテゴリ:blender

ワープモディフィアはプロポーショナルエディットの効果をモディフィアでできるようにしたものだ。機能的にはラティスモディフィアに似ている。ラティスのように細かい制御はできないが、コントローラーの数が少ないので使いやすい。

demo
動作デモ

ワープモディフィアの使い方

まず変形したい位置にエンプティをふたつ配置する。元:に変形したい位置を示すオブジェクトを指定し、先:に変形方向と量とを指定するオブジェクトを指定する。

元:と先:とのエンプティを原点に配置して、元:を親として先:を親子付けすると使いやすい。このようにすると先:のエンプティを選択して Alt + G で先:のエンプティを元:の位置へリセットできる。

setting
ワープの設定

基本的には先:に指定したオブジェクトを動かして変形する。

先:のオブジェクトの拡縮と回転にも対応している。

ワープモディフィアの使用例

トランポリンのような柔らかいものの変形に使うのが一般的だ。上の動作デモのように顔の微調整リグに使うこともできる。頬や顎、耳あたりに使える。

.blend ファイルダウンロード

関連記事

Blender 記事の目次


広告
広告