広告
広告

譜面の著作権料について

カテゴリ:法律

譜面を購入しても、営利目的で公衆を相手に演奏していいことにはならない。それをしたければ、著作権者から演奏権を譲渡してもらうか、演奏の許諾をしてもらう必要がある。

そもそも譜面購入者は著作権料を払っていない。だから譜面購入者には譜面の私的利用しか認められていない。著作権料を払っているのは出版社であり、その対価として出版社は複製権や出版権を持っている。


広告
広告