広告
広告

Linux Mint・Ubuntu・Debian に wine をインストールする

カテゴリ:linux

目次

リポジトリのアップデート

Wine のインストール

使い方

文字化け

ディレクトリ

トラブル

リポジトリのアップデート

Installing WineHQ packages

共通

全てのディストリで 32bit のアーキテクチャを有効にする。

$ sudo dpkg --add-architecture i386

Ubuntu 18.10

wget -nc https://download.opensuse.org/repositories/Emulators:/Wine:/Debian/Ubuntu_18.10_standard/Release.key

sudo apt-key add Release.key

sudo apt-add-repository 'deb https://download.opensuse.org/repositories/Emulators:/Wine:/Debian/Ubuntu_18.10_standard ./'

Ubuntu 18.10 以前のバージョン

wget -nc https://dl.winehq.org/wine-builds/Release.key

sudo apt-key add Release.key

sudo apt-add-repository https://dl.winehq.org/wine-builds/ubuntu/

Linux Mint 18.x

$ wget -nc https://dl.winehq.org/wine-builds/Release.key

$ sudo apt-key add Release.key

$ sudo apt-add-repository 'deb https://dl.winehq.org/wine-builds/ubuntu/ xenial main'

$ sudo apt-get update

Linux Mint 19.x

$ wget -nc https://dl.winehq.org/wine-builds/Release.key

$ sudo apt-key add Release.key

$ sudo apt-add-repository 'deb https://dl.winehq.org/wine-builds/ubuntu/ bionic main'

$ sudo apt-get update

Debian 9.x

まず apt-transport-https をインストールする。

$ su

$ apt install apt-transport-https

リポジトリに Wine を追加

$ wget -nc https://dl.winehq.org/wine-builds/Release.key

$ apt-key add Release.key

/etc/apt/sources.list に以下の行を追加。

deb https://dl.winehq.org/wine-builds/debian/ stretch main

$ apt update

Wine のインストールとアンインストール

安定板か開発版をインストールする。開発版は不安定だが動作するアプリが多い。

安定版をインストールする

$ sudo apt-get install --install-recommends winehq-stable

開発版をインストールする

$ sudo apt-get install --install-recommends winehq-devel

アンインストール

wine のバージョンを上げる場合は古いバージョンを削除する必要がある。安定板を削除するコマンドは以下のようになる。

$ sudo apt-get remove winehq-stable


使い方

Wine のバージョンは以下のコマンドで確認できる。

$ wine --version

初回起動時の設定

Wine の初回起動時 Mono・Gecko がインストールされていない場合、それらをインストールする。

install mono
Mono のインストール
install gecko
Gecko のインストール

関連付け

exe ファイルを右クリックして、別のアプリをクリックする。 開き方ウインドウが立ち上がるので、そこで Wine Windows プログラムローダーを選択し、 これを "DOS/Windows 実行ファイル" のファイルを開くプリケーションとして記憶するにチェックをいれて、 開くを押す。

right click
右クリック
関連付け
関連付け

文字化け

winetricks をダウンロードしてきて、wintricks からフォントをインストールする。 apt のスクリプトは古いので直接ダウンロードする。 以下のコマンドで winetrick のスクリプトをダウンロードできる。

$ wget https://raw.githubusercontent.com/Winetricks/winetricks/master/src/winetricks

以下のコマンドでスクリプトを実行可能にする。

$ chmod +x winetricks

以下のコマンドでフォントをインストールする。

$ ./winetricks allfonts

フォントをインストールしたら OS を再起動する。

これでも文字化けが直らない場合は winetricks のウィザードからインストールする方法がある。

フォント置換で直す

これでも治らないときはフォントのリンクを修正する。以下のコマンドでレジストリエディタを起動する。

$ wine regedit

以下の場所に Arial のフォント置換を入れる。置換先のフォントはインストールされているフォントなら何でもいい。

HKEY_LOCAL_MACHINE/Software/Microsoft/Windows NT/CurrentVersion/FontSubstitute/

tahoma
追加するフォント置換

そして端末から winecfg を起動し、 dwrite を無効化する。

disable dwrite
dwrite の無効化

以下の記事が参考になる。

Wine上のフォントについての設定

アプリの使用しているフォントを調べる

lsof を使う。例えば steam が使っているフォントを調べたければ以下のコマンドを入力する。

$ lsof | grep steam | grep ttf

Wineでのフォント調整

Wine ディレクトリ

Linux Mint 18.1(MATE)では Wine の開発版は /opt/wine-devel/bin にインストールされる。 レジストリエディタやその他のプログラムもここにある。

フォントは /opt/wine-devel/share/wine/fonts にインストールされる。

C ドライブは ~/.wine/drive_c だ。

トラブル

wine: Call from 0x2ad579a92b38 to unimplemented function msvcrt.dll.??2@YAPEAX_K@Z, aborting のようなエラーが表示される

以下のコマンドを実行してランタイムをインストールする。 実行するとフォルダと Web ページが開くので msi ファイルをダウンロードして、 ダウンロードした msi ファイルを開いたフォルダにコピーする。 再度以下のコマンドを実行するとランタイムがインストールされる。

$ winetricks vcrun2010

関連記事

WINEHQ Ubuntu

Wine設定メモ


広告
広告