広告
広告

Blender で影響を受けるボーン数を制限する

カテゴリ:blender

ロボットをボーンで制御する場合、チャイルドコンストレインや親子づけがよく使われる。しかしパーツが大量にある場合はセットアップが面倒だ(ただし一度セットアップすればパーツの入れ替えは楽になる)。

ボーンでロボットなどの剛体を動かす場合は、頂点が複数のボーンから影響を受けてもらっては困る。そこで合計の制限と正規化を使えば2値化されたウェイトを自動計算させられる。

手順

ウェイトを付けた後、メッシュのエディットモードで制限したい頂点を選択した状態で「合計を制限(Limit Total)」を使う。そのあとで「すべてを正規化(Normalize All)」を実行する。

limit total
合計を制限(ロボットの場合は制限を1にする)

最初から制限した状態で自動のウェイトをつける

上記のウェイトをつけた後で削除する方法ではきれいなウェイトにならないことがある。その場合は最初から制限した状態で自動のウェイトをつけるとうまくいく可能性がある。

合計の制限は頂点グループがないと実行できない。なのでまず空のグループでアーマチュアとメッシュとを親子付けする。

empty weight
空の頂点グループを作成する

そして合計の制限を実行し、自動のウェイトでウェイトをつける。

関連記事

ボーンを指定してウェイトを自動計算する

Blender 記事の目次


広告
広告