広告
広告

モデリングの際に知っておくと便利な機能

カテゴリ:blender

一般的なものについては 【blenderモデリング基礎】造形するにあたって序盤で知っておきたかったコマンドなどを参照。

表示に関しては Blender で表示のおかしい頂点・面を直すを参照。

2.80 の操作法が説明されてない項目は 2.80 でもそのまま使える。

目次

バッチリネーム(2.81)[Ctrl + F2]

ドラッグでオブジェクト(頂点等)を移動

サイドバーのパネルを固定(2.80) [Shift + LMB]

マウスカーソルの位置を注視点にする [Alt + F]、2.80 [Alt + MMB]

細分割曲面をつける [Ctrl + テンキーでない数字]

ツールプロパティをビューポートに表示 [ F6 ]、2.80 [F9]

オブジェクトの原点移動モード(2.82)[Ctrl + .]

ビューポートに統計情報を表示(2.90)

プロパティ検索(2.91)[プロパティパネルで Ctrl + F]

メッシュの編集

スナップ [Ctrl]

多様体を押し出し(2.90)[Alt + E]

頂点の経路を連結 [ J ]

ナイフの角度制限[K > C]

切り裂き [V]

球へ変形 [Alt + Shift + S]

辺を時計回りに回転

辺ループのブリッジ

ループカット

二等分(Bisect)<>

辺の端を超えてスライド [GG > C]

XY 平面で編集

ピボットポイントのアクティブ要素 [Alt + .]、2.80 [ . ]

プロポーショナルエディットで動いてほしくない頂点を隠す

ループカットの整列

選択で溶解(dissolve selection)[Ctrl + X]

複雑な面で均等幅にループカットを入れる

オフセット辺スライド [Ctrl + Shift + R]

法線に沿って面を押し出し [Alt + E]

モディフィアのコピー(2.91)

辺の直線化を行う3つの方法

選択

次のアクティブ [Ctrl + Shift + Num Pad +]

カーソル下のメッシュを選択 [L]

隠れた面を選択

左側を全部選択

横のループカットをすべて選択

辺の鋭さで選択

シームで選択

飛ばして面選択(Face Stepping)

チェッカー選択解除

アドオン

外部リンク

全般

バッチリネーム(2.81)[Ctrl + F2]

バージョン 2.81 では Ctrl + F2 でバッチリネームができる。オブジェクト・メッシュ・マテリアル・ノード等を正規表現で一度にリネームできる。

batch rename
バッチリネーム

ドラッグでオブジェクト(頂点等)を移動

「編集 > リリースで確定」にチェックを入れる。2.80 では「入力 > マウス > リリースで確定」。

confirm release
2.79 以前
280
2.80

サイドバーのパネルを固定(2.80) [Shift + LMB]

pin side bar
サイドバーのパネルを固定

マウスカーソルの位置を注視点にする [Alt + F]、2.80 [Alt + MMB]

2.80 では Alt + マウス中ボタンクリックでできる。

center view to mouse
マウスカーソルの位置を注視点にする

細分割曲面をつける [Ctrl + テンキーでない数字]

メッシュオブジェクトが選択されているときに「Ctrl + テンキーでない数字」で細分割曲面をつけられる。既についている場合はその細分化:を変更する。

demo
細分割曲面のショートカット

ツールプロパティをビューポートに表示 [ F6 ]、2.80 [F9]

2.80 でのコマンドは「編集 > 最後の操作を調整(Adjust Last Operation)」。

f6

オブジェクトの原点移動モード(2.82)[Ctrl + .]

もう一度 Ctrl + . で解除。

ビューポートに統計情報を表示(2.90)

ビューポートオーバーレイでビューポートに統計情報を表示できる。Blender 下部のステータスバーを右クリックして「シーン統計」にチェックを入れれば、従来通りにステータスバーに情報を表示できる。

show statistics
ビューポートに統計情報を表示

プロパティパネルで Ctrl + F で現在表示しているタブのプロパティを検索できる。Alt + F でクリア。

property search
プロパティ検索

メッシュの編集

スナップ [Ctrl]

スナップ [Shift + Tab] を有効にしなくても、頂点移動中に Ctrl を押している間だけスナップが有効になる。

多様体を押し出し [Alt + E]

extrude manifold demo
多様体を押し出し

SketchUp のような押し出しができる。ただしトポロジーが乱れるので、用途によってはリトポが必要になる。

押し出し後に「直交する辺を溶解」にチェックを入れる方法もある。

menu
直交する辺を溶解

頂点の経路を連結 [ J ]

連続した分割は「メッシュ > 頂点 > 頂点を連結(Connect Vertices)」。

connect vertices

ナイフの角度制限[K > C]

ナイフ中に C で 45° のスナップが有効になる。

knife constraint
ナイフの角度制限

切り裂き [V]

rip

球へ変形 [Alt + Shift + S]

to shpere

辺を時計回りに回転

メッシュ > 辺 > 辺を時計回りに回転(Rotate Edge C(C)W)。

エッジの回転

ループカット

ループカットの均一オプション

ループカット中に E。F で整列する辺を変更できる。

loop cut even
ループカットの均一オプション

ループカットのスムース

ツールシェルフ下のツールプロパティで設定できる。

smooth loop cut
ループカットのスムース

辺ループのブリッジ

メッシュ > 辺 > 辺ループのブリッジ(Bridge Edge Loops)。

bridge edge loops

辺ループのブリッジはマージオプションで結合する機能がある。

bridge merge
辺ループのブリッジのマージオプション

分割数を指定すれば曲線で補完できる。

bridge edge loop interpolate
曲線で補間

二等分(Bisect)

辺または面を選択した状態で、「メッシュ > 二等分(Bisect)」。ドラッグすることでメッシュを分割できる。メッシュを削除して穴を埋めるオプションもある。2.79 でも使えるが、2.80 ではインタラクティブに分割面を編集できる。

bisect demo
二等分

辺の端を超えてスライド [GG > C]

GG で辺に沿って頂点をスライドさせられるが、それは辺上に制限される。GG の最中に C を押すと、頂点を辺の直線上でスライドさせられる。

XY 平面で編集

Z の高さはそのままに XY 平面でスケールしたい時は s > Shift + Z でできる。スケールだけでなく移動でも有効。XZ 平面で編集するときは Shift + Y、YZ 平面で編集するときは Shift + X になる。

scale xy
Z がスケールしていないことに注目

ピボットポイントのアクティブ要素 [Alt + .]、2.80 [ . ]

  • バウンディングボックス [,]
  • 3Dカーソル [.]
  • 中点 [Ctrl + ,]
  • それぞれの原点 [Ctrl + .]
active element

プロポーショナルエディットで動いてほしくない頂点を隠す

H で頂点を隠すとプロポーショナルエディットで編集するさいに影響を受けない。

動作デモ

ループカットの整列

G G E で選択した頂点を整列できる。Ctrl を押してスナップすることもできる。

align vertices

選択で溶解(dissolve selection)[Ctrl + X]

点・辺・面などの選択した要素を溶解できる。

複雑な面で均等幅にループカットを入れる

n ゴンを作成し、面を差し込む(I)を実行する。

オフセット辺スライド[Ctrl + Shift + R]

オフセット辺スライド(offset edge slide)は影響範囲を指定してループカットを入れられる。

動作風景

法線に沿って面を押し出し [Alt + E]

「面 > 法線に沿って面を押し出し(Alt + E)」は壁を装飾するときに多用する。均一オフセットオプションはほぼ常に必要になる。

extrude face along normals
法線に沿って面を押し出し

モディフィアのコピー(2.91)

同じオブジェクト内で個別のモディフィア等をドラッグするとモディフィアの適用順の入れ替えになる。ほかのオブジェクトへドラッグするとモディフィアのコピーになる。モディフィアーごとドラッグするとモディフィアーのリンクになる。リンクされたモディフィアーはパラメータ変更が同期される。

move modifier
モディフィア・コンストレイントの移動

辺の直線化を行う3つの方法

  1. 「GG > E」さらに F で形状をコピーする辺を変更できる
  2. 標準アドオンの Loop tool の Flatten を使う
  3. Z軸に平行ならば「S > Z > 0」が使える

選択

次のアクティブ [Ctrl + Shift + Num Pad +]

「選択 > 選択の拡大縮小 > 次のアクティブ」は等間隔に順次要素を選択できる。

カーソル下のメッシュを選択 [L]

select under cursor
追加で選択しても選択は解除されない

隠れた面を選択

Z でワイヤフレームにするか、陰面処理を無効にする。隠れた面を選択できる状態のときは、面の中央の ■ をクリックすると選択できる。

location
2.79 以前
location 280
2.80
select back

左側を全部選択

中央にある頂点を選択して「選択 > アクティブな側(Side of Active)」。選択した要素を基準に、左右前後上下の任意の要素を選択できる。

side of active

横のループカットをすべて選択

Ctrl + Alt + クリックで横のループカットを選択(もしくは「選択 > ループ選択 > 辺リング」) > 「選択 > ループ選択 > 辺ループ」

select loop
横のループカットをすべて選択

辺の鋭さで選択

選択 > 辺の鋭さで選択(Select Sharp Edges)。辺にマークをつける際に多用する。

シームで選択

Ctrl + L で連結されている要素を選択できるが、このときツールシェルフ(T)で Seam を選択すると島を選択できる。

select seam
シームで選択

飛ばして面選択(Face Stepping)

飛ばして面選択は面の経路選択に似ているが、側面の辺が選択されないところが違う。

face stepping
飛ばして面選択

チェッカー選択解除

選択 > チェッカー選択解除(Checker Deselect)。

checker deselect

そのほか

アドオン

標準アドオン

F2

F で連続して面を貼れる。

Loop Tools

真円をつくるのに便利。

Edit Mesh Tools

Face Tools に有用なコマンドが多い。

Collection Manager

M キーでコレクション操作を行うウインドウを3Dビューポートに表示する。

フリーアドオン

Mira Tool

パスを使って頂点を編集する機能やアンベベルが使える。

Maxivz's Interactive Tools for Blender

ダウンロードページ

EdgeFlow

Maya の Edge flow のような機能を追加するアドオン。Maya の Edge flow はエッジの追加時に機能するが、このアドオンは既に存在するエッジをスムースにする。

PolyQuilt

マウスだけでモデリングできるように設計されたアドオン。ローポリ向け。

Merge Tool

マージの先をマウスドラッグで指定するだけでマージができるようになるアドオン

Apply Modifier

シェイプキーのあるメッシュのミラーモディフィアを適用可能にするアドオン。

keKit

便利な機能を多数搭載したアドオン。

Asset Creation Toolset 3($0+)

便利な機能を多数搭載したアドオン。

Check Tool Box($0+)

N ゴンや三角形、多様体、交差等の状態をオーバーレイ表示するアドオン。

Logo Tracer($0+)

透過 PNG をメッシュに変換できる。設定パネルは3Dビューポートにある。

高品質な変換が必要なら Inkscape のビットマップトレースを使って SVG に変換したあと、その SVG を Blender にインポートしてメッシュに変換する。

有料アドオン

Smart Fill($3)

F キーでブリッジやグリッドフィル等を可能にするアドオン。F2 アドオン互換。

Rotate Face($7+)

隣接する面の法線を変更せずに面を回転させられるアドオン。

Pro Align Tools($19)

視覚的に結果を確認しつつオブジェクトを整列できるアドオン。

Quick ToolBox for Blender 2.8+($2+)

ツール一覧を表示するアドオン。お気に入り機能もある。

破壊アドオン

標準アドオンなら Cell Fracture がある。

Noisy-Cutter($9)

床井浩平氏(@tokoik)が演習向けに作成したBlenderの使い方

Blender質問室まとめ2020

Blenderで左右対称(シンメトリー)が崩れたメッシュを非破壊的に修復するRestoreSymmetryアドオン







7 hidden Blender hacks that will improve your workflow



関連記事

複数の要素を一度に変更する

Blender 記事の目次


広告
広告