広告
広告

Blender で基本的な足のリグを組む(Reverse Foot Rig)

カテゴリ:blender

足の回転軸となるボーンの親子構造がデフォーム用ボーンのそれと逆向きになっていることから、このリグ Reverse Foot Rig と呼ばれる。

デモ
動作デモ

概要

通常のボーンの向きは体の重心から先端へ向かう。 しかしこのボーンの向きではつま先立ちを作りにくい。 つま先立ちを作りやすくするためには、 つま先の位置に回転軸となるボーンを配置しそのボーンを軸に IK ターゲットを回転させるといい。

intro
基礎となるボーン構造

基礎ボーン構造の blend ファイルダウンロード

デフォーム用ボーン

デフォーム用ボーンの配置
デフォーム用ボーンの配置

ここで重要なのは、D_foot.L と D_toe.L の Z 座標だ。 Track to でボーンを動かすため、回転軸ボーンとデフォーム用ボーンの Z 軸の向きを一致させなければならない。 ここではボーンの Z 軸を上に設定してある。 ローカル座標軸の設定は ボーンのローカル座標軸設定 を参照。

zup
Z 軸の向き

IK の設定

適当な位置に IK ターゲットボーン T_leg.L を作成し、D_lowerleg.L に IK を設定する。 IK の Chain length は 2、T_leg.L のデフォームを無効にする(Shift + W > Deform)。

回転軸となるボーンの設定

以下のように回転軸となるボーンを作成する。 M_rot_heel.L はかかとの回転軸になるので、メッシュによって位置は変わる。 M_rot_toe.L と M_rot_foot.L とはデフォーム用ボーンと同じ位置に配置する。 先にも言ったように Z の回転軸をデフォーム用ボーンと一致させる。

回転軸ボーンの配置
回転軸ボーンの配置

M_rot_foot.L を親として T_leg.L を親子づけする。 つまり回転軸となるボーンが IK ターゲットを動かすことで足の動きを制御している。

D_foot.L と D_toe.L とにそれぞれ Track to をつける。 Traget Z にチェックを入れておくと、アニメーションの途中で Z 軸をまたいでもボーンが反転しなくなる。

Track to の設定
Track to の設定
Z 軸をまたいだため反転した足
Z 軸をまたいだため反転した

M_rot_foot.L と M_rot_heel.L を動かすと以下のような動作になる。

rot ボーンの動作テスト
rot ボーンの動作テスト

コントローラー用ボーンの設定

これらふたつのボーンをコントロールするボーン foot_roll.L を作る。 場所はどこでもいいが、かかとあたりに配置するのが普通だ。 このボーンを前に回転させると M_rot_foot.L が回転し、 後ろに倒すと M_rot_heel.L が回転する。

この動きは M_rot_foot.L と M_rot_heel.L とに copy rotation と limit rotation とをつけることで実現する。 それぞれ以下のように設定する。回転量はモデルに合わせて適宜修正する。

M_rot_heel.Lの設定
M_rot_heel.Lの設定
M_rot_foot.Lの設定
M_rot_foot.Lの設定

あとはアニメーターが足の位置をコントロールするボーン foot.L を作成し、 それを親として M_rot_heel.L と foot_roll.L とを親子づけする。

つま先立ち

M_rot_toe.L を回転させればつま先立ちもできる。 つま先あたりにボーン toe_roll.fk.L を作成し、Copy Rotation でそのボーンをコントロールする。 M_rot_toe.L は M_rot_heel.L を親として親子づけする。

.blend ファイルダウンロード

関連記事

ボーンひとつで足をコントロールするリグ

Blender 記事の目次


広告
広告