広告
広告

ストレッチの有無を切り替えられる IK のリグ

カテゴリ:blender

ストレッチの有無を切り替えられる IK の実装方法には、IK がのびきった時にストレッチの有無を切り替える方法ストレッチ用ボーンを用意する方法がある。この記事では IK ターゲットの位置をコントロールすることでストレッチの有無を切り替える方法を紹介する。この方法は Blender 2.79 の Rigify でも使われている。

demo
動作デモ

ボーン構造

まず先にストレッチ切り替えのためのボーン構造を示す。ユーザーが操作する ik と、ストレッチする str、デフォームボーンの IK ターゲットとなる real_ik を用意する。ik と real_ik とは同じ位置にある。これらのボーンはすべてつながっていない。

str bone
ストレッチ機構のボーン構造

モディフィア

real_ik は str のテール位置を位置コピー(ワールド)でコピーする。

real_ik modifier
real_ik ボーンのモディフィア

str はストレッチと弾性トラックとで ik の方向を向くようにする。ストレッチの切り替えは拡縮制限の影響力で行う。拡縮制限のY最大が 1.05 になっているのは、デフォームボーンのバインドポーズで肘や膝がすこし曲がっているからだ。モデルによってこの値は調整する必要がある。

str modifier
str ボーンのモディフィア

拡縮制限の影響力を制御する ON/OFF スイッチを用意してやると、現状では以下のような動作になる。

mid test
ストレッチの動作テスト

デフォームボーンの設定

デフォームボーンを用意して real_ik をターゲットとして IK を設定する。加えて上腕・前腕両方ともにインバースキネマティクスのストレッチを 0.1 に設定する。

deform bone settings
デフォームボーンの設定

.blend ファイルダウンロード

関連記事

IK がのびきった時にストレッチの有無を切り替える方法

ストレッチ用ボーンを用意する方法

IK-FK 切り替えスイッチ

Blender 記事の目次


広告
広告