広告
広告

サンプル数計算・信頼区間計算・ドロップ率検定機

カテゴリ:確率統計

必要ドロップ数計算機

指定した有意水準で『差がある』とされるのに必要なドロップ数を計算する。 最低でもサンプル数は 100 は必要になる。それ以下の時は精度が不足している可能性がある。

有意水準(片側)
比較する確率:
サンプル数:

必要ドロップ数:

ドロップ率検定

サンプル数×ドロップ率が5より大きいときに使える。ドロップ率が1%の時、サンプル数は 500 以上必要になる。 p値はドロップ率が同じだった時に実現する確率で、p値が小さいほどドロップ率に違いがある可能性が高い。

有意水準(片側)
比較する確率:
サンプル数:
ドロップ数:

判定:
p値:

小標本の場合

サンプル数×ドロップ率が5より小さいときにはこちらを使う。 ただし精度がよくないので、手計算した方が確実。

有意水準(片側)
比較する確率:
サンプル数:
ドロップ数:

判定:
p値:

サンプル数計算

有意水準
推定確率(不明なら 50 を指定する)
有効範囲±

必要なサンプル数:

パラメータの解釈について

有意水準5%・推定確率 10 %・有効範囲1%の場合、 95 %の確率でドロップ率が9%~11%と主張するのに必要なサンプル数を計算する。

推定確率について

事前にドロップ率がわかっている場合、そのドロップ率を指定する。 例えば、ある程度サンプルを集めてドロップ率が 9.3% だったとする。 この場合このドロップ率を 50% に近づくように切り捨て/切り上げした 10% を指定して計算する。

信頼区間計算

信頼区間計算は実際のドロップ率がどの範囲に収まるかを計算する。 たとえばドロップ率1%の場所で 100 回試行したときの実際のドロップ率は 0~2.95 %(95%信頼区間)になる。

信頼区間
確率
サンプル数

信頼区間:

関連記事

ドロップ率の検定

ガチャの確率計算機


広告
広告