広告
広告

細分割曲面を使った顔のポリゴンフロー例

カテゴリ:blender

顔をモデリングする際の Tips

顔をモデリングする際に最も重要な部分は斜めから見た頬のアウトラインだ。なぜならモデルが真正面や真横から見られることはまずないからだ。

下図の緑の線は斜めから見たときのアウトラインだ。すべて四角ポリゴンで作ると、このラインのポリゴンはゆがみが大きくなりやすい。ローポリモデリングの場合はゆがみの多いポリゴンを手動で三角化する。最終的に細分割曲面を使う場合はレンダリングする前にこれらの三角ポリゴンを削除する。

skew
緑は斜めの時のアウトライン、赤は正面から見たときのアウトライン
demo
三角ポリゴンを削除して細分割曲面を適用したメッシュ

ゆがみの大きい場所はメッシュ分析を使って可視化できる。

pole

頂点に接続されているエッジ数が4でない頂点の場所を pole と呼ぶ。pole の数が少ないと、それだけきれいにポリゴンを分割できる。頂点に接続されるエッジ数は3~5は許容範囲で、6以上ならポリゴンフローを考え直した方がいい。以降の図では pole の位置を黒で示している。

よくあるパターン

1

鼻にディティールを追加したバージョン

2

鼻にエッジループを入れられるバージョン

3

鼻から口角へ向けたラインがあるバージョン

この割り方は口角を広げたときのしわを作りやすい。 カートゥーンやリアルよりのモデルにより適している。

4

外部リンク

img Log

正面図

側面図

関連記事

ポリゴンフローについて

胸のポリゴンフロー

Blender 記事の目次


広告
広告